Advertisement

【RIZIN.39】激闘試合予想 無敗クレベル・コイケ vs. 王者・牛久絢太郎は二度目の王座防衛成功か

「RIZIN.35」で斎藤裕とのリマッチを制し、初防衛に成功した王者・牛久絢太郎(C)RIZIN FF
「RIZIN.35」で斎藤裕とのリマッチを制し、初防衛に成功した王者・牛久絢太郎(C)RIZIN FF

湘南美容クリニック presents RIZIN.39」は23日、マリンメッセ福岡 A館で開催される。

メインイベントは、第2代フェザー級王者・牛久絢太郎と、RIZIN5戦すべてで一本勝ちの挑戦者クレベル・コイケによるタイトルマッチだ。

ここでは、朝倉未来ヴガール・ケラモフ堀江圭功らツワモノたちがしのぎを削る“群雄割拠”のRIZINフェザー級において、最強を決める一戦「牛久絢太郎 vs. クレベル・コイケ」の勝敗予想を届けたい。

Advertisement

◆【RIZIN.39】10月23日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

■総合力が高い王者とフィニッシュ率93.3%の寝技師

DEEPとRIZINの二冠王者牛久はスイッチヒッターでありオールラウンダー。相手選手の分析や戦術に長け、打撃は体幹を生かした“一発”があるものの、単打が多くフィニッシュ率は30%と高くない。DEEPのタイトルマッチでは、元王者・弥益ドミネーター聡志の仕掛けた腕十字やアームロックを冷静に対処しベルトを奪取した。

Advertisement

対するクレベルは“柔術界の鬼神”と恐れられるグラップラー。30勝5敗のうち一本勝ちが26回とフィニッシュ率は驚異の93.3%を誇り、柔軟性と長い手足を生かした極め力の強い寝技が強み。打撃は荒いがダウンを奪う威力もあり、相手を削り自分のフィールドに引きずり込む。むやみに追撃できない点も、クレベル特有の強さだ。

■「絶対に寝技にはハマらない」クレベル対策の真意は

この試合の見どころは、牛久の「クレベル対策」だ。対戦相手に合わせファイトスタイルを変える牛久が、フェザー級最強説もあるクレベルに、どのような戦術で臨むのか。作戦を固めるがゆえに、1ラウンド目からフェイントで相手の反応を見たり、意識を逸らすための布石を打つ可能性が高く、試合が進むにつれ対策の全容が見えてくるだろう。

Advertisement

牛久のセコンドを務める元DEEP同級王者の横田一則氏は「絶対に寝技にはハマらない、耐えずに逃げる」とコメント。ここに、その「クレベル対策」のヒントが隠されている気がしてならない。

クレベルの試合を観察すると、あることに気付く。試合中、自身のセコンド前からほとんど離れないのだ。今までの一本勝ちは、ほとんどが自陣のコーナー前。とくに朝倉未来戦は、セコンドのいるコーナーへ追い込もうとする動きが一段と顕著だった。前回の萩原戦後に「改善することはあっても、自分のスタイルは負けるまで変えない」と口にしており、セコンドの指示を聞きながら慎重に試合を運ぶだろう今回のタイトルマッチも、同様の動きが予想される。

クレベルが移動する方向や動きを読むことができれば、対戦相手を追い込みたいのか、誘い込みたいのかがわかる。つまり、打撃が単打か連打か、タックルやクラッチを仕掛けてくるタイミングかどうか、クレベルの戦術が予想できるようになる。

横田氏が口にした「対策」がまったく異なる可能性は当然あるが、この視点から試合観戦してみるのも面白いはずだ。クレベルが敵陣営に入り込んだ時、弱点が露呈するのか、あるいはより“鬼神”と化するのか、新たな一面を見てみたい思いもある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします