Advertisement

【大相撲】元横綱白鵬が宮城野親方を襲名 “盟友”YOSHIKIさんがエール「相撲界を大きな視点で引っ張って」

 

【大相撲】元横綱白鵬が宮城野親方を襲名 “盟友”YOSHIKIさんがエール「相撲界を大きな視点で引っ張って」
元白鵬・宮城野親方(写真左)とその襲名パーティーに駆けつけたYOSHIKIさん 撮影:SPREAD編集部

大相撲史上最多の45度の優勝を誇り、2021年の秋場所後に現役引退した第69代横綱元白鵬・宮城野親方の襲名を記念した「宮城野襲名披露パーティー」 が28日に都内にて行われた。

◆「世紀の快挙」白鵬が大鵬超え、歴代最多33度優勝 しかし、醒めたスポーツ紙

■海外進出も視野に入れる

同パーティーは昨年9月30日に現役引退した宮城野親方が、お世話になった人々に「宮城野」の襲名とともに感謝を伝える場として開催されたもの。会場にはかねてから親交があるロックバンド「X JAPAN」のリーダー、YOSHIKIさんが駆け付けた。

この日両国国技館で“元横綱白鵬”としての引退相撲を行った宮城野親方は、「襲名して横綱は引退しましたが、新米親方として頑張っていかなくてはいけない」とコメント。

タキシードに身を包んだ元横綱・白鵬、宮城野親方 撮影:SPREAD編集部

また、宮城野親方とは横綱になる前からの仲だというYOSHIKIさんは、「素晴らしい門出に立ち会えて感謝しています。人の髪の毛を切ったのが人生初めてです。今僕はツアー中なんですが、奇跡的にスケジュールが空いてました」と語る。

また、「(出会った時は)もう少し痩せてましたよね?」と問うと、宮城野親方は「当時は番付も下でしたね。YOSHIKIさんはこう見ても酒が強いんですよ」とに飲み比べしたエピソードを披露。

宮城野親方としての新しい挑戦にYOSHIKIさんは「親方は以前から相撲界を大きな視点で見ていたので、これから角界を引っ張っていく存在として期待しています」とエールを送った。

また、宮城野親方は今後について世界進出も視野に入れるといい、「我々が世界に巡業じゃないけど、浸透させていけばもっと大相撲が好きになってもらえる。そういう親方になれればいい」と未来の角界への責任を口にした。

Advertisement


◆「横綱とは日本の魂」 白鵬が初場所で挑む、大相撲歴代最多優勝33回

◆大横綱・白鵬「コロナ全休」から引退 自ら〝史上最強2世〟育成へ!

◆白鵬が引退会見「名古屋場所中の10日目で決めました。迷いはなかった」

文●SPREAD編集部