Advertisement

【RIZIN.41】皇治、地元大阪で芦澤竜誠との対戦決定 MMAルールについては一蹴「喧嘩売っといてごちゃごちゃ抜かすな魚」

 

【RIZIN.41】皇治、地元大阪で芦澤竜誠との対戦決定 MMAルールについては一蹴「喧嘩売っといてごちゃごちゃ抜かすな魚」

総合格闘技団体「RIZIN」は1日、今年最初の記者会見を行い『RIZIN.41』(4月1日/大阪府・丸善インテックアリーナ大阪)の開催と対戦カードを発表。

昨年メイウェザーのボディガードを務めるジジや、秘蔵っ子のジャハン・イングラムと対戦するなど話題を集めた皇治の参戦が決定した。

対戦相手は昨年『THE MATCH』にも出場した芦澤竜誠。RIZIN大晦日大会のリング上でヒートアップした“因縁”のカードが実現する。

◆【実際の映像】乱闘勃発! 記者会見で芦澤竜誠が皇治に飛び蹴りで襲いかかった一部始終

■皇治「和製マルコメに浮気してる場合じゃない」

対戦相手を濁す榊原信行CEOの話を遮った皇治は「芦澤しかいないでしょう、なんでアイツいないんすか」と発言すると、続けて「喧嘩売っといて俺にルールも合わせられんと……めちゃくちゃ格好悪い」と挑発。すでに試合は始まっているようだ。

現在、ルールは調整中だが、皇治は「キック(ルール)でいいっすよ。アイツくらいパンチで十分。彼が前回試合していた62キロで」と、負傷した足をハンデに挑むと怪気炎を上げた。

一方、芦澤がMMAルールを望んでいることに対しては「こんなにMMAで張り切ってる人らがいっぱいいてて、その中で俺ら素人同士がMMAするってそんな失礼な話ありますかと。ほんまにやりたいならお互いがMMAで実績積んでやるべきやと思う。喧嘩売っといてごちゃごちゃ抜かすな魚」と一蹴。

さらに今回の対戦については「俺は希望していない。俺はメイウェザーに一途ですから。和製マルコメに浮気してる場合じゃない」と煽りを重ねた。

RIZINは今シーズン、11~12大会の開催を予定。今回、対戦カード発表の4月1日『RIZIN.41』丸善インテックアリーナ大阪のほか、現時点では4月30日『RIZIN LANDMARK.5』代々木体育館、5月6日『RIZIN.42』有明アリーナ、6月末にハワイもしくは中央都市、7月末と9月末にさいたまスーパーアリーナ、10月に愛知県大会、12月に大晦日大会の構想が発表された。

Advertisement


◆【実際の映像】乱闘勃発! 記者会見で芦澤竜誠が皇治に飛び蹴りで襲いかかった一部始終

◆青木真也「朝倉がどこまで戦えるのか分からない…」 平本 vs 斎藤、牛久 vs 未来を分析

◆【超RIZIN】皇治、体重差を跳ね返しメイウェザーのボディーガード撃破 「まぁ当然の結果です」

文●SPREAD編集部