【MLB】公式サイトが「今のナンバー1は大谷翔平」と発表、その理由は… TOP100プレーヤー特集で

 

【MLB】公式サイトが「今のナンバー1は大谷翔平」と発表、その理由は… TOP100プレーヤー特集で
エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

MLB公式は24日(日本時間25日)、MLBネットワークで発表されたTOP100プレーヤー特集を掲載、「今のナンバー1」はロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平と発表した。

◆【実際の動画】MLB公式サイトが、大谷翔平は「ナンバー1プレーヤー」発表したハイライト

なお、2位はニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ

■20勝、ホームラン王、サイ・ヤング賞、MVP…

なぜ昨季、アメリカン・リーグのMVP争いで破れた大谷が、ジャッジを差し置いてナンバー1プレーヤーなのか…。特集では、大谷が二刀流で成し遂げて来た実績を取り上げる一方、メジャーデビューを果たしたシーズン、MLB投手陣への対応に苦慮したオープン戦を引き合いに出し、公式戦ではすぐさま数字を挙げた対応力に着目。「彼は毎年、成績を向上させるばかりだ」と称賛した。

2年連続で開幕投手に決まった大谷翔平(C)ロイター

さらに「現在の大谷が彼のベストの状態なのか」と問いかけ「いや、大谷はもっと良くなるはず」と議論。健康な状態であれば「20勝できるか、ホームラン王を穫れるか」という指摘に加え、「MVPとサイ・ヤング賞の同時受賞は…」と問題提起、一同が「可能性はある」と頷いた。そして、「まさにこうした議論が繰り広げられる点に、大谷がナンバー1である理由がある」と締めくくった。

今年はワールド・ベースボール・クラシックWBC)も開催される。そんな多忙なシーズンを乗り切り、大谷はMLB公式戦でも、これまで以上のパフォーマンスを発揮するのだろうか。期待は高まるばかりだ。

ただし、ジャッジはWBCにさえも出場しない。

◆【実際の動画】大谷翔平を「ナンバー1プレーヤー」と称賛するMLBネットワークの特集

Advertisement


◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

◆MLB公式サイトが、大谷翔平を超える侍ジャパンの逸材を紹介 その5選手とは…

文●SPREAD編集部