【WBC】大谷翔平、チェコ共和国相手にも魅せた“Sho Time!” 190キロ弾丸2ベースに三盗で足でも魅了

 

【WBC】大谷翔平、チェコ共和国相手にも魅せた“Sho Time!” 190キロ弾丸2ベースに三盗で足でも魅了
チェコ共和国戦で弾丸二塁打を放った大谷翔平(C) Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は11日、プールB・1次リーグ第3戦の日本対チェコ共和国の試合が行われ、大谷翔平が「3番DH」で先発出場した。

◆【実際の映像】大谷翔平、チェコ共和国にも魅せた“Sho Time!” あわや本塁打の190キロ弾丸2ベース

■第3打席に魅せた

大谷は初回の第1打席は一塁ゴロ、3回の第2打席は空振り三振を喫していたが、4回に迎えた第3打席に魅せた。

4回1死二塁で迎えた場面、2番手フランチの投じた3球目のカーブを捉えると、ボールはライトへ一直線。スタンドインはならなかったものの、打球速度190キロ、打球角度20度のライナーがフェンスを直撃。俊足を飛ばして二塁を陥れタイムリーとなった。

大谷はその後三塁へ盗塁を試みて成功し、犠牲フライでで7点目のホームを踏んだ。バットだけでなく足でも東京ドームのファンを魅了した。

なお、試合は4回終了時、日本が7-1でリードしている。

◆「打球速度190キロだった」大谷翔平、衝撃の弾丸2ベースに里崎智也も驚愕「速かったですよね」

◆大谷翔平、ライトへの167キロタイムリーでダメ押し8点目 連日のマルチ安打で好調維持

◆大谷翔平の二刀流“SHO TIME”に米メディア興奮 「ユニコーンはただただアメージングだった」

Advertisement


文●SPREAD編集部