Advertisement

【WBC】アメリカを救ったのは主将マイク・トラウト コロンビアを逆転で下し準々決勝へ、プールCを2位通過

 

【WBC】アメリカを救ったのは主将マイク・トラウト コロンビアを逆転で下し準々決勝へ、プールCを2位通過
アメリカの主将マイク・トラウト(C)Getty Images

野球世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は日本時間16日、プールCのコロンビア対アメリカの試合が行われ、アメリカが3-2で勝利した。

◆【実際の映像】アメリカ、主将トラウトが準々決勝に導く逆転タイムリー

■コロンビアにリード許すも逆転

2勝1敗で最終節を迎えたアメリカは3回表、2死二塁から主将マイク・トラウトのタイムリーで先制。だがその裏、コロンビアに犠牲フライとタイムリーを浴び1ー2と逆転を許す。

ここで再びトラウトが魅せる。5回表、1死二、三塁のチャンスでレフトへ逆転の2点タイムリー。再びランナーを返し、アメリカにリードをもたらした。

投手陣は先発のメリル・ケリーの後を4回に受けたケンドール.グレイブマンからは、1イニングずつ6人のリレー。コロンビア打線を封じ切った。

リードを守り切り勝利したアメリカは3勝1敗となり、メキシコに次いでプールCを2位突破。優勝候補が苦しみながらも準々決勝にコマを進めた。

◆【実際の映像】アメリカ、主将トラウトが準々決勝に導く逆転タイムリー

◆大波乱・優勝候補筆頭ドミニカ共和国敗れる プエルトリコが準々決勝、死の組プールD

◆【WBC】「彼はスターだ」マイク・トラウトに米国のキーマンに指名された意外な選手とは…

Advertisement


文●SPREAD編集部