【WBC】世界一・侍ジャパン、同点弾の村上宗隆「嬉しいが悔しい。レベルアップするよう頑張る」と決意表明

 

【WBC】世界一・侍ジャパン、同点弾の村上宗隆「嬉しいが悔しい。レベルアップするよう頑張る」と決意表明
WBC決勝で同点弾を放った村上宗隆(C)Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は21日(日本時間22日)、決勝の日本対アメリカ戦が行われ、侍ジャパンが3-2でアメリカを下し、14年ぶり3度目の優勝を成し遂げた。

◆【実際の映像】トラウトを打ち取り雄叫びを上げる大谷翔平

◆【実際の映像】村神様、完全お目覚めの同点弾

■「最高です、最高の気分です」

前日のメキシコ戦でも3打席連続三振から、最後は逆転サヨナラ打を放った村上宗隆は、この日も同点弾で優勝に貢献。

村上は試合後「最高です、最高の気分です。1点取られたあとですごい、なんとかすぐ追いつきたい展開だったんで、ひとふりで同点に追いつくことができてすごくよかったです。(ホームランに感触は)完璧です。目標にしていた世界一になれてすごく嬉しいです。まだ実感わかないですけど、アメリカもスターぞろいで強かったですし、それに立ち向かっていけたので、すごいいいゲームができました」とその喜びを口にした。

その一方で、不振を極めた大会序盤もあり「終わってみたら、嬉しい気持ちもありますが、悔しい気持ちもあります。また自分自身、ひとつレベルアップできるように頑張りたいと思います。なかなかこういう経験できないので、ひとつでもふたつでも自分の経験値としたい。すごいいい経験ができました」と今後のさらなるレベルアップを胸に期した。

◆日米決戦、侍ジャパンの村上宗隆が一発回答の同点アーチ

◆世界一奪還 大谷翔平、優勝トロフィーに「本当に重い」を連発

文●SPREAD編集部

Advertisement