【MLB】ラーズ・ヌートバーの逆襲 大谷翔平との“ヌータニ”対決3三振から一転4安打と爆発

 

【MLB】ラーズ・ヌートバーの逆襲 大谷翔平との“ヌータニ”対決3三振から一転4安打と爆発
カージナルスのラーズ・ヌートバー(C)ロイター/USA TODAY Sports

セントルイス・カージナルスラーズ・ヌートバーは4日(日本時間5日)、本拠地で行われたロサンゼルス・エンゼルス戦に「1番・右翼」で先発出場。前日、戦友・大谷翔平を相手に3三振を喫したが、この日は5打数4安打と逆襲を見せ、打率.262まで上げた。

◆【実際の映像】ラーズ・ヌートバー自身初となる4安打ハイライト

■チームは6連敗も

試合は両軍合わせ26安打が飛び出す乱打戦も、カージナルスは7ー11で敗れ6連敗。そんな中、自身初となる1試合4安打の固め打ちで、ヌートバーは気を吐いた。

この日は、初回先頭でセンター前、3回無死の第2打席でもセンター前へ弾き返し、4回の第3打席こそピッチャーゴロに倒れたものの、6回の第4打席にはレフト前、8回の第5打席にも内野安打を記録。前日大谷との対戦で3三振を喫したリベンジを果たしたかたちだ。

この4安打に、本拠地から「ヌー!」の声援を受けたがチームは6連敗となった。

大谷とのワールド・ベースボール・クラシックWBC)戦友対決には、現地でヌートバーと大谷を足した「ヌータニ」のボードを掲げるファンも現れ、まだまだ侍ジャパン世界一の熱冷めやらぬ盛り上がりが感じられた。

ヌートバーは試合前のインタビューで「とにかく打てるボールを待つように構えている。残念ながら、思うように打てないアドバンテージを与えているピッチャーもいるけどね。打てるボールが来ない場合は、できるだけ手を出さないように心がけている。もっとも言うだけなら簡単なんだけどね」と打席での心構えについて応えると「日本のみなさん、いつもありがとう。みんな、素晴らしいゴールデンウィーク・エンドを過ごして。大谷もいいプレーをするだろうけど、カージナルスが勝つといいな。みんなのサポートは僕にとって大きな意味を持ちます」とし、最後には日本語で「ありがとうございます」と日本のファンに向けたメッセージで締めくくった。

◆【実際の画像】「ヌートバー+大谷=ヌートバー」のボードを掲げるファン 2人を「国宝」と表現している

◆大谷翔平、7試合連続182キロ・ロケット打 猛打爆発11得点でエ軍4連勝

Advertisement


◆吉田正尚、先制第6号122メートル弾に猛打賞で14試合連続打 実況は「これが本当の力だ」と大興奮

文●SPREAD編集部