【MLB】大谷翔平、7試合連続182キロ・ロケット打 猛打爆発11得点でエ軍4連勝

 

【MLB】大谷翔平、7試合連続182キロ・ロケット打 猛打爆発11得点でエ軍4連勝
エンゼルスの大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平が4日(日本時間5日)、敵地でのセントルイス・カージナルス戦に「2番DH」で先発出場。3打数1安打2四球で3回の一挙6点打線爆発の火付け役をこなし、11-7の快勝に貢献した。エンゼルスは4連勝。

◆【実際の映像】大谷翔平の182キロライト前に「またロケット打」と実況

■エンゼルスはカード3連勝

大谷は第1打席で四球を選ぶと、3回先頭打者として迎えた第2打席、相手先発のジャック・フラハーティがカウント3-1から投じたカットボールを叩き、打球速度113マイル(約182キロ)、打球角度4度というシャープなライト前ヒット。戦友ラーズ・ヌートバーに打ち返し、これで7試合連続安打とした。

この打球に実況は「またロケット打」と驚きを隠し得なかった。

初回に2点を先制されたエンゼルスは2回に4点、3回は大谷のヒットを口火に6点を叩き出し、序盤で逆転。追いすがるカージナルスを振り切り、カード3連勝とした。

大谷はこの日、3打数1安打2四球で打率.308に。ヌートバーとの侍ジャパン対決を制した。

◆大谷翔平、自己最多タイ13Kで通算500奪三振達成 今季3度目猛打賞でエ軍逆転に貢献

◆大谷翔平の超ムーンショット第7号は史上最高到達点49.4メートル、滞空時間6.98秒 被弾した元鷹戦士レイ「打たれた瞬間、やられたと思った」と脱帽

◆大谷翔平、復帰3年で最高のスタート 7本塁打に4勝無敗で防御率は驚異の1.85 MVPにサイ・ヤング賞も視界に

Advertisement


文●SPREAD編集部