Advertisement

【MLB】ラーズ・ヌートバー、会心の174キロ・ペッパーミル弾 鈴木誠也の目前で今季第3号

 

【MLB】ラーズ・ヌートバー、会心の174キロ・ペッパーミル弾 鈴木誠也の目前で今季第3号
今季3号ソロを放ったカージナルスのヌートバー(C) Getty Images

セントルイス・カージナルスラーズ・ヌートバーは9日(日本時間10日)、敵地で行われているシカゴ・カブス戦に「1番右翼」で先発出場。3回の第2打席に今季3号ソロを放った。

◆【実際の映像】ラーズ・ヌートバー、会心の174キロ・ペッパーミル弾 鈴木誠也の目前で今季第3号

■打撃好調の切り込み隊長が魅せた

打撃好調で一気に打率を上げてきたヌートバーが、会心の一打を放った。

3回1死走者なしで迎えた場面、ヌートバーは相手先発ジェームソン・タイヨンの2球目のカットボールを強振。打球角度30度の打球は一直線で右中間スタンドへ。打球速度108.3マイル(約174キロ)、飛距離431フィート(約131メートル)の豪快弾だった。

これには流石に恒例のペッパーミル・パフォーマンスが炸裂。

ヌートバーは4回の第3打席では投手ゴロに終わり、ここまで3打数1安打1打点で打率は.291。なお、カブスの鈴木誠也は「5番右翼」で先発出場し、ここまで1打数無安打1四球となっている。

試合は4回終了時、カージナルスが4-3でリードしている。

◆【実際の映像】ラーズ・ヌートバー、会心の174キロ・ペッパーミル弾 鈴木誠也の目前で今季第3号

◆ラーズ・ヌートバーがビッグ・ヒット2連発 4月末から世界初CMオンエア

Advertisement


◆ラーズ・ヌートバーの逆襲 大谷翔平との“ヌータニ”対決3三振から一転4安打と爆発

文●SPREAD編集部