Advertisement

【MLB】米メディアも“侍ジャパン再集結”と注目 吉田正尚 vs. 大谷翔平は2試合連続マルチ安打の躍動と快音なしの結末

 

【MLB】米メディアも“侍ジャパン再集結”と注目 吉田正尚 vs. 大谷翔平は2試合連続マルチ安打の躍動と快音なしの結末
レッドソックスの吉田正尚(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平が22日(日本時間23日)、本拠地でのボストン・レッドソックス戦に「3番DH」で先発フル出場し、3打数無安打だった。「2番左翼」でスタメンに名を連ねたボストン・レッドソックス吉田正尚は4打数2安打で、2試合連続のマルチ安打を達成。

注目の侍ジャパン対決は吉田に軍配が挙がった。試合はエンゼルスが2-1で競り勝ち、貯金は3。レッドソックスは連敗となった。

◆【実際の映像】吉田正尚の一塁手の頭を越えるタイムリー同点打

■連続試合安打も「6」に更新

試合前には地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」が「チームメート、再集結」とツイート。吉田の打撃練習映像とともに投稿するなど侍ジャパン対決に注目が集まった。

吉田は第1打席こそ一ゴロに倒れたが、4回の第2打席で左前打。さらに0-1で迎えた6回1死三塁の第3打席では同点適時打を放ち、2試合連続、今季17度目のマルチ安打を達成した。第4打席は左邪飛だった。

地元メディア「NESN」は「吉田は4打数2安打を記録し、シングルヒット2本でボストンのラインナップで唯一の打点を挙げた。そして、彼は連続試合安打を6に伸ばした」と高評価を記した。

打率を.308とした吉田。前日2安打した際には「追い込まれても食らいつき、引きつけて打てた」と語っていたが、この日も渋い打撃を披露。1本目(第2打席)の左前打については「反対方向、センターから逆の方が確率は上がると思った。うまくコンタクトできた」と振り返り、好調キープの要因については「強くコンタクトしていくことだけ」とコメントした。また、試合前に大谷と3分間ほど談笑していたが、その内容については「近況報告みたいな感じです」とかわした。

■公式は「トラウタニ」封じた右腕称賛

大谷の第1打席は四球。しかし、第2、第3打席とも空振り三振に倒れた。1点を勝ち越した8回の第4打席は、完璧に捉えたものの右直に終わった。前日は今季10度目のマウンドに上がり好投を見せたが、2日続けての躍動はならなかった。

一方、エンゼルス打線の中心である「トラウタニ」を封じたレッドソックス先発タナー・ホウクは「2人は間違いなくこのゲームで最高の打者。ストライクを先行させ、有利なカウントに持ち込んだ。それが、私にとって良かった」とし、MVP2人との対決を終えて感慨深げだった。MLB公式サイトも「トラウト、大谷を無効化した」と記し、勝ち星こそつかなかったものの好投した右腕に賛辞を贈った。

Advertisement


◆【実際の映像】吉田正尚の一塁手の頭を越えるタイムリー同点打

◆大谷翔平、キング争いに加わる豪快126メートル第11号弾 実況も「劇的なショウヘイ、なんてスイングだ」と驚愕

◆「一生に一度の選手」5勝目を挙げ9号アーチを放った大谷翔平に敵軍も脱帽「彼は特別な才能を持っている」

文●SPREAD編集部