Advertisement

【MLB】大谷翔平、6回10三振2失点で6勝目の権利 今季4度目2桁Kで奪三振ア・リーグ単独首位

 

【MLB】大谷翔平、6回10三振2失点で6勝目の権利 今季4度目2桁Kで奪三振ア・リーグ単独首位
6回2失点の力投を見せた大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は27日(日本時間28日)、本拠地でのマイアミ・マーリンズ戦に「3番DH・投手」で先発。6回を投げて6安打10奪三振2失点の投球を見せた。

◆【実際の映像】大谷翔平、“ピッチングニンジャ”が「えげつない」と評価する85マイルのスイーパー

■今季11度目の二刀流登板

大谷が今季11度目の“リアル二刀流”で先発を果たし、マウンドに上った。

初回先頭打者にヒットを許し、四球も挟みランナーを溜めると、ユリエスキ・グリエルにタイムリーを許し先制点を与える。しかし、2回、3回と無失点に抑え、立ち直りを見せる。

5回には2者連続ヒットを許しランナーを溜めるが、1番のジョナサン・デービスをダブルプレーに打ち取る。ピンチの芽を摘んだに見えたが、再びランナーを溜め、ルイス・アラエスにタイムリーで勝ち越しの2点目を奪われた。

大谷は6回に今季4度目の2桁となる10個目の三振を奪い、この回をもって降板。今季奪三振は90個となり、ア・リーグ単独首位となった。

大谷は6回109球(ストライク72球)を投げ、6安打3四死球10奪三振2失点(自責点1)で防御率は2.91。最速は5回のホルヘ・ソルア相手に記録した101マイル(約162キロ)だった。

大谷は打ってはここまで3打数無安打で打率は.270。

試合は6回にエンゼルスが逆転し、3-2でリード。大谷に6勝目の権利が転がり込んだ。

Advertisement


◆【実際の映像】大谷翔平、“ピッチングニンジャ”が「えげつない」と評価する85マイルのスイーパー

◆大谷翔平、5714奪三振のレジェンドを超える被打率達成 シーズン10先発で

◆大谷翔平、一塁への“俊足”内野安打で出塁 実況は「非現実的だ」と驚きのあまり繰り返しつぶやく

文●SPREAD編集部