Advertisement

【MLB】ダルビッシュ有が7安打7失点KOと大炎上 エース対決もジャッジ15号に5連打浴び今季4敗目

 

【MLB】ダルビッシュ有が7安打7失点KOと大炎上 エース対決もジャッジ15号に5連打浴び今季4敗目
パドレスのダルビッシュ有(C)ロイター/USA TODAY Sports

サンディエゴ・パドレスダルビッシュ有は28日(日本時間29日)、敵地で行われたニューヨーク・ヤンキース戦に先発出場。2回2/3を投げて7安打2奪三振7失点と炎上し今季4敗目を喫した。

◆【実際の映像】ダルビッシュ有、本塁打王アーロン・ジャッジに痛恨の15号ソロを献上 豪快な一発に本拠地ファン騒然

■ヤンキース打線に7失点KO

ヤンキースのエース右腕ゲリット・コールとの投げ合いが注目されたダルビッシュ。

1点リードで迎えた初回、1死走者なしでキング争いトップを行くアーロン・ジャッジに今季15号ソロを浴びる。2回に味方打線が2点を返すも、3回は先頭打者から5者連続安打、うち4打者からはツーベースを食らい3点を献上した。その後さらに盗塁を許したほか犠打とタイムリーを浴び、打者一巡の猛攻を受け7失点の大炎上。3回を投げ切ることができず途中降板した。

今季ワーストの失点数となったダルビッシュは防御率も4.61と大きく悪化させた。

チームは7-10でヤンキースに負け越し連敗となった。

◆【実際の映像】ダルビッシュ有、本塁打王アーロン・ジャッジに痛恨の15号ソロを献上 豪快な一発に本拠地ファン騒然

◆吉田正尚、3打数2安打1四球 今季19度目のマルチで直近打率.346と止まらぬ打棒

◆大谷翔平、一塁への“俊足”内野安打で出塁 実況は「非現実的だ」と驚きのあまり繰り返しつぶやく

Advertisement


文●SPREAD編集