Advertisement

「自分たちの強さが出た」先制ボレー弾のMF松木玖生、10人で逃げ切ったチームに手応え U-23日本代表、パリ五輪へ白星発進

「自分たちの強さが出た」先制ボレー弾のMF松木玖生、10人で逃げ切ったチームに手応え U-23日本代表、パリ五輪へ白星発進
松木玖生(C)Getty Images

パリ五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジア杯は16日、カタールのドーハで1次リーグがスタート。中国との初戦に臨んだ日本は、退場者を出しながらも1-0で勝利。数的不利をはねのけ、8大会連続の五輪出場へ向けて貴重な勝ち点3をもぎ取った。

◆【実際の映像】松木玖生、山田楓喜のクロスから繰り出した「パリ五輪へ勢いづける」先制ボレー弾

■DF西尾が一発レッド、序盤で数的不利

日本は前半8分、MF山田楓喜(東京V)が放った右からのピンポイントクロスに、MF松木玖生(FC東京)が左足で合わせてネットを揺らした。

幸先よく先制した日本だったが、同17分にDF西尾隆矢(C大阪)が一発退場。ボールのない場面で相手MFと接触し、その際に左肘が相手の顔面に。VAR検証などを経てレッドカードが提示された。

それまで中国を圧倒していた日本だったが、数的不利に陥ると状況は一変。中国に攻め込まれるシーンが目立ち始め、多くの時間帯で劣勢に立たされた。しかし、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)のビッグセーブも飛び出すなど、集中した守備を見せて逃げ切りに成功した。

試合後、フラッシュインタビューに応じた大岩剛監督は「アクシデントを想定していたとはいえ、なかなか厳しい試合になった。これを次に生かして生きたい」と総括。その上で「(10人になった段階で)戦術的な要素は選手に伝えたが、あとは選手の個人戦術、グループの攻守のつながりが非常によく出ていたと思う」と話し、10人になってからも落ち着いて対応した選手たちを評価した。

■山田→松木、イメージ通りのゴール

先制のボレー弾を決めた松木は、自身のゴールについて「うまくサイドからボールが来て、あとは合わせるだけだった。早い時間に点が取れて本当に良かった。山田選手が(左足)インスイングで蹴る時は、あそこに入ろうと思って練習からやっていた。本番であんなに良いボールが来るとは思わなかったが、冷静に決め切ることができた」とし、イメージ通りのゴールだったと振り返った。

また、先制後すぐに退場者が出たことについて問われると「結構早い時間帯だったので、この時間を守り切るのは厳しいかなと思った。でも、自分たちもタフに戦い続けて守ることができた。できればセットプレーでもう1点取りたかったが、自分たちの強さが出たとも思う」と話し、逆境に屈しないチームに手応えを感じているようだった。

3位以内に入れば五輪への出場権を確保できる今大会。パリへ向けて白星発進に成功した日本だが、今後はUAEや韓国など難敵との対戦が控えている。アジアの厳しい戦いに注目だ。

Advertisement


◆【実際の映像】松木玖生、山田楓喜のクロスから繰り出した「パリ五輪へ勢いづける」先制ボレー弾
◆ゴール奪取の板倉滉と前田大然、マンU戦の遠藤航への現地メディアの評価と採点は? 海外リーグで活躍する日本選手評価まとめ【4月5日~7日】

◆堂安律、伊東純也、上田綺世らがゴールラッシュ!現地メディアはどう報じた? 海外リーグで活躍する日本選手評価まとめ【3月15日~17日】