Advertisement

早田ひなに陳夢は「中国選手と互角の技術を持つ」と賛辞 東京五輪金が日本のエースを警戒「恐るべき選手」【サウジスマッシュ】

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

早田ひなに陳夢は「中国選手と互角の技術を持つ」と賛辞 東京五輪金が日本のエースを警戒「恐るべき選手」【サウジスマッシュ】
早田ひな(C)WTT

卓球の「サウジスマッシュ2024」は10日、女子シングルスの準決勝が行われ、世界ランキング5位の早田ひなは同4位の陳夢と対戦。0-4で敗れ、ベスト4で敗退した。

◆【実際の映像】早田ひな、東京五輪・陳夢と繰り広げた真っ向ラリー 「インテンシティ+スピード」と公式も称賛の打ち合い

■団体戦決勝の再現ならず

早田は前日にマニカ・バトラー(インド)を下し自身初のベスト4へ。迎えた準決勝は2月の「世界卓球団体戦」の決勝で勝利していた陳夢。

今大会2回戦で平野美宇(木下グループ)、準々決勝では張本美和(木下グループ)を下してきた相手は、早田を前にしても安定感はそのまま。第1ゲームの接戦をものにすると、第2ゲームは積極的な攻撃を仕掛け圧倒。第3ゲームは早田が優位に試合を運んだが、陳夢が逆転する底力を見せ、そのまま第4ゲームも早田は7-11で奪われストレートで敗戦した。

陳夢は試合後、「団体戦で早田選手に負けて以来、彼女との試合を楽しみにしてい準備を進めてきた」と対策を練ってきたことを明かし、「早田選手は中国選手と互角の技術を持っていて、あらゆる面で恐るべき選手」と変わらずに中国選手にとっては1番の敵になると言及した。

早田は陳夢とはパリ五輪でも対戦の可能性は十分。今後も続いていく日中の激しい争いは注目が集まる。

陳夢(C)WTT

◆【実際の映像】早田ひな、東京五輪・陳夢と繰り広げた真っ向ラリー 「インテンシティ+スピード」と公式も称賛の打ち合い

◆早田ひな、孫穎莎も評価した成長の跡「勝てて幸運だった」 世界女王が見せた振る舞いも注目「握手の際にラケットで……」

Advertisement


◆“エース”早田ひな、準決勝で東京五輪金・陳夢に敗れベスト4終戦  戸上隼輔・篠塚大登は中国ペアに敗戦も価値ある準優勝