Advertisement

【MLB】「ショウヘイはロサンゼルスの一部になった」市議会が5月17日を“大谷翔平の日”に公式認定 「すごく特別な瞬間」

ドジャース・大谷翔平
ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

米カリフォルニア州ロサンゼルス市は17日(日本時間18日)、同日を「大谷翔平の日」と制定、ドジャースが発表した。

◆【速報/動画アリ】「ショウヘイの日に本塁打」大谷翔平、逆方向へ“168キロ”弾丸13号アーチ リーグ単独トップに

■5月17日は「Shohei Ohtani Day」

5月は「アジア系アメリカ人文化遺産月間」であり、大谷の背番号「17」にちなみ、大谷がドジャースで現役期間中の5月17日を「Shohei Ohtani Day」とした。

大谷翔平投手は同日、ロバーツ監督ら球団関係者とロサンゼルス支庁を訪問、市議会から認定証を受け取った。

大谷は「今日この日を迎えられたことを、私自身すごく嬉しいですし、すごく特別な瞬間です。今日を迎えるにあたり、ドジャース、関係者の皆さま、ファンの皆さまに心より感謝を申し上げます」とスピーチ。市議会は拍手に包まれた。

また、ドジャースのスタン・カステン球団社長はメディアを通じ「ショウヘイはロサンゼルスの一部となった。12月にドジャース・ファミリーの一員となって以来、我々が望んでいたこと以上のことを成し遂げてきた」とコメントを寄せ祝福した。

今年3月には、ロサンゼルス市にある日系ホテル「都ホテル」の壁面に、高さ約45メートルに及ぶ大谷の壁画が登場。前日の本拠地カブス戦「大谷翔平・ボブルヘッドデー」では今季のメジャー最多5万3527人の観客が押し寄せるなど、ロスの大谷フィーバーは続く。

◆【速報/動画アリ】「ショウヘイの日に本塁打」大谷翔平、逆方向へ“168キロ”弾丸13号アーチ リーグ単独トップに

◆【動画あり】「めちゃくちゃ嬉しそうな笑顔!」大谷翔平の“サプライズ”に小児患者の13歳少年が感激「30秒くらい息ができなかった」

Advertisement


◆大谷翔平の「ボブルヘッドデー」にチケット価格が爆上がりで米メディア驚き 試合前から長蛇の列