Advertisement

【日本ダービー/追い切り診断】ジャスティンミラノに迫る高評価「A」 “こだわり”の調整でパフォーマンス向上

【日本ダービー/追い切り診断】ジャスティンミラノに迫る高評価「A」 “こだわり”の調整でパフォーマンス向上

第91回日本ダービー(東京優駿/GI、東京芝2400m)には、無敗の皐月賞馬ジャスティンミラノ、17年ぶりの牝馬制覇を狙うレガレイラ、皐月賞4着のアーバンシック、モレイラ騎乗のダノンエアズロックらが出走予定。

本記事では、出走各馬の追い切りを診断し「S」「A」「B」の3段階で評価した有力馬や穴馬をピックアップ。ここでは「アーバンシック」を取り上げる。

◆【日本ダービー(東京優駿)2024予想/追い切り診断】“必勝パターン”文句なしの仕上がり「渾身の態勢」で最高評価「S」

■アーバンシック

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】芝1800mの札幌新馬戦、東京芝2000mの百日草特別を連勝。マイル路線は完全に捨てて、クラシックを強く意識した路線を歩んできた。重賞初挑戦だったデビュー3戦目の京成杯は勝負どころで内にモタれながらも、鞍上・横山武騎手が馬群をうまく捌き2着に食い込んでいる。賞金的には間に合う算段が立ち、そこから3カ月の休養を挟んで皐月賞へ直行。その皐月賞ではスタートで寄られ、後方からの競馬に。抑えた分、行きたがってしまいかなり厳しいレース運びを強いられたが、直線ではジワジワと押し上げて0秒4差の4着に食い込んでいる。

大きなダメージはなく、皐月賞4着で進出権利を得た日本ダービーへ進むことに。短期放牧を挟んで5月10日に美浦へ戻っており、12日の初時計でいきなりウッド5F66秒9-1F11秒4(馬なり)とハイレベルな動きを披露した。1週前追いは横山武騎手が騎乗しウッドで2頭を外からマクるハードワーク。いずれも1秒以上先に行かせていたが、脚力の違いを示し、最先着を果たした。

【最終追い切り】レース当週もウッドで横山武騎手を背にした併せ馬。稽古駆けするオープン馬を追走し、この日も外をマクる形で直線に入ると、まだ相手との差はあったが、手前を機敏に替えると一気に加速してパス。抜群の手応えのまま半馬身の先着を果たした。

【見解】ホープフルSを勝ったレガレイラと同血のいとこという血統背景。そしてぶっつけかつ苦しい展開だった皐月賞で4着に食い込んだ走りから、持てるポテンシャルは世代内でトップクラスと考えていいだろう。その能力を実戦でしっかり発揮すべく、前走時から陣営は外をマクる併せ馬を課してきた。この中間も1週前、最終追いと連続して外マクり併せ馬を行う徹底ぶり。武井師、そして横山武騎手がこの馬のパフォーマンス向上にはこれしかない!と熟慮したうえでの調整法だろう。ここでその“こだわり”が実を結ぶ……というシーンは考えておきたい。

総合評価「A」

Advertisement


日本ダービー(東京優駿)2024 予想コラム一覧

馬券攻略

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「日本ダービー」本命・注目馬予想一覧 “連続連対中”のGI本命を「競馬の祭典」でも要チェック!

◆【まとめ】「日本ダービー」大口投票パトロール ジャスティンミラノに単勝270万円も……単勝10人気前後の“伏兵”に複勝100万円か

◆【高配当メソッド】皐月賞敗戦組が「勝率62.5%」該当で反撃警戒 “1強ムードでも勝ち切れない”運命の舞台

追い切り評価

◆【追い切り診断】“必勝パターン”文句なしの仕上がり 「迫力増す渾身の態勢」で最高評価「S」

◆【追い切り診断】前走Vの良血に辛口「B」評価 「なんとか現状維持」で緩すぎる稽古

Advertisement


データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】3戦3勝の無敗馬は“消し”も 皐月賞組で狙い撃つべき「勝率75%」の関西馬

◆【データ攻略】“完璧ローテ”で臨む不動の軸候補 「3.5.1.0」該当で超鉄板級へと評価爆上がり

◆【枠順傾向】“1枠1番を超える”好枠にシックスペンス 2桁人気激走は「奇数馬番から」

◆【全頭診断】人気一角の皐月賞組に“100%データ” 馬券妙味は「1.2.1.3」の想定10人気以下

◆【血統展望】ジャスティンミラノに“血の不安” エフフォーリア似の想定10人気以下を穴指名

◆【前走ローテ】皐月賞組が連対必至も、“ナリタブライアンに並ぶ”パフォーマンスで別路線組に要警戒

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】「搭載エンジンはGI級、ジャスティンミラノ超えも視野に」 単勝オッズ“2桁”の妙味

◆【穴馬アナライズ】「まだ世間にバレていない穴候補、ローテで即消し判断はNG」 想定“10人気以下”の爆穴

◆【危険な人気馬】優勝候補を大胆に“消し”と判断 「単勝1.6倍も飛んだ」皐月賞とダービーの関連性

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)
【重賞深掘りプロジェクト】調教ライター。競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。UMAJINでは「競馬サロン」開設以前から毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン