Advertisement

【日本ダービー】皐月賞敗戦組が「勝率62.5%」該当で反撃警戒 “1強ムードでも勝ち切れない”運命の舞台「高配当メソッド」

【日本ダービー】皐月賞敗戦組が「勝率62.5%」該当で反撃警戒 “1強ムードでも勝ち切れない”運命の舞台「高配当メソッド」
[過去10年]ダービー2024の人気傾向

26日に東京競馬場で第91回日本ダービー(東京優駿)(GI、芝2400m)が行われる。

今年は、無敗の2冠馬を目指すジャスティンミラノ、ウオッカ以来の牝馬制覇を狙うレガレイラ、2023年、21年と1番人気2着と悔しい結果が続く横山武騎手が手綱を取るアーバンシック、無傷3連勝中のシックスペンスらが、世代の頂上決戦に集結。

ここでは過去10年のデータから「配当傾向」を分析して、レース傾向および“儲かる買い方”をジャッジする。

◆【日本ダービー(東京優駿)2024予想/追い切り診断】“必勝パターン”文句なしの仕上がり 「迫力増す渾身の態勢」で最高評価「S」

■1強ムードでも勝ち切れない

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

1番人気は過去10年で2勝のみで【2.3.2.3】の成績。このうち、皐月賞馬に輝き2冠目を目指したのは7頭もいるが、2015年のドゥラメンテと20年のコントレイルしか勝ち切れていない。昨年のソールオリエンス、2021年のエフフォーリア、19年のサートゥルナーリアなど1強ムードでも勝利が叶わないこともしばしばあり、ジャスティンミラノに飛びつくのは危険かもしれない。

勝ち馬が多いゾーンは単勝4.0~14.9倍で【7.4.2.16】勝率24.1%、単勝回収値177をマーク。このうち、前走皐月賞で4角10番手以下にいた馬に限ると【5.1.0.2】勝率62.5%、単勝回収値395を記録する。この8頭すべては皐月賞2着以下に敗れていた馬で、4着以下が5頭もいる。今年はレガレイラアーバンシックの反撃に期待できそうだ。

よって単勝の平均配当は1480円。ロジャーバローズの単勝9310円が底上げしている数字にはなるが、それを除いても743円なので、オークス(2014~23年)の単勝平均配当451円と比較しても、波乱含みと言える。好きな馬の「単勝」を握るのもいいだろう。

一方、馬連の平均配当は2700円で、19.9倍以下が8回、このうち3桁配当が5回とシビア。馬単が7845円と約2.9倍なので、2連系は頭固定の馬券のほうが勝負のし甲斐がある。

Advertisement


3連複の平均配当は5万8869円。ワグネリアンが勝った2018年は52万1600円、3連単は285万6300円の高額配当。3番人気以内の3頭で決まった年は2回あり、2桁人気馬が絡んだ年は4回。後者の決着になる際は「1~5番人気の2頭+2桁人気」の組み合わせなので、大穴を狙う際は、他を人気サイドで固めてしまうのも手だ。また、過去10年で好走した2桁人気の4頭はすべて1~4枠に入った馬。穴馬は内枠勢から取捨したい。

日本ダービー(東京優駿)2024 予想コラム一覧

馬券攻略

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「日本ダービー」本命・注目馬予想一覧 “連続連対中”のGI本命を「競馬の祭典」でも要チェック!

◆【まとめ】「日本ダービー」大口投票パトロール ジャスティンミラノに単勝270万円も……単勝10人気前後の“伏兵”に複勝100万円か

追い切り評価

◆【追い切り診断】“必勝パターン”文句なしの仕上がり 「迫力増す渾身の態勢」で最高評価「S」

◆【追い切り診断】ジャスティンミラノに迫る高評価「A」 “こだわり”の調整でパフォーマンス向上

Advertisement


◆【追い切り診断】前走Vの良血に辛口「B」評価 「なんとか現状維持」で緩すぎる稽古

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】3戦3勝の無敗馬は“消し”も 皐月賞組で狙い撃つべき「勝率75%」の関西馬

◆【データ攻略】“完璧ローテ”で臨む不動の軸候補 「3.5.1.0」該当で超鉄板級へと評価爆上がり

◆【枠順傾向】“1枠1番を超える”好枠にシックスペンス 2桁人気激走は「奇数馬番から」

◆【全頭診断】人気一角の皐月賞組に“100%データ” 馬券妙味は「1.2.1.3」の想定10人気以下

◆【血統展望】ジャスティンミラノに“血の不安” エフフォーリア似の想定10人気以下を穴指名

◆【前走ローテ】皐月賞組が連対必至も、“ナリタブライアンに並ぶ”パフォーマンスで別路線組に要警戒

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】「搭載エンジンはGI級、ジャスティンミラノ超えも視野に」 単勝オッズ“2桁”の妙味

◆【穴馬アナライズ】「まだ世間にバレていない穴候補、ローテで即消し判断はNG」 想定“10人気以下”の爆穴

◆【危険な人気馬】優勝候補を大胆に“消し”と判断 「単勝1.6倍も飛んだ」皐月賞とダービーの関連性

◆著者プロフィール

シャト美(しゃとみ)
馬とお酒をこよなく愛する競馬女子。シャト美の由来は、強さと美しさを兼ね備えた名馬タイキシャトルより。馬券は無駄な買い目を削ぎ落とし、少点数の馬連、馬単、ワイドがメイン。現在はUMAJIN内『競馬サロン』にて予想コラム、『SPREAD』では、シビアに馬券と向き合う「高配当メソッド」を執筆中。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン