Advertisement

【日本ダービー/データ攻略】“完璧ローテ”で臨む不動の軸候補 「3.5.1.0」該当で超鉄板級へと評価爆上がり

【日本ダービー/データ攻略】“完璧ローテ”で臨む不動の軸候補 「3.5.1.0」該当で超鉄板級へと評価爆上がり

今週は東京競馬場で日本ダービー(東京優駿/芝2400m)が行われる。生涯一度の大舞台に今年も選ばれし精鋭が集結。世代の頂点に立つのは果たしてどの馬になるのだろうか。

ここでは、過去10年からジャスティンミラノレガレイラにフォーカスしたデータを取り上げる。

◆【日本ダービー(東京優駿)2024予想/データ攻略】3戦3勝の無敗馬は“消し”も 皐月賞組で狙い撃つべき「勝率75%」の関西馬

■ジャスティンミラノに“100%データ”該当

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

クラシック一冠目の皐月賞を無敗で制したジャスティンミラノ。東京での経験しかなかったこと、ハイペースへの適応など不安も囁かれていたなか、終わってみればレコードで勝ち切ってみせた。多くの馬と勝負付けが済んでいるとなれば断然の人気が予想されるが、その高評価の裏付けとなるデータはこちら。

・秋の東京芝勝利実績がある皐月賞2着内馬【3.5.1.0】

該当馬全頭が馬券内の“100%データ”に該当。昨年はタスティエーラが4番人気での戴冠と、人気に関係なく好走が目立っている。高速馬場傾向にある秋の東京芝勝利実績×皐月賞2着内馬は“超鉄板級”とのデータだ。

ジャスティンミラノについて補足すると、共同通信杯で記録した上がり3F32秒6が破格。上がり3F32秒台で東京芝1800mを制した2~3歳馬にはクロノジェネシス、ダノンキングリー、イクイノックスらGI馬がズラリと並んでいるのだ。過去2戦で下したジャンタルマンタルはNHKマイルCを楽勝。戦ってきた相手もローテーションも、データ上は同世代に敵なし。第92代ダービー馬の栄誉は目前だ。

■レガレイガに【0.0.1.34】の不安要素

その一方で、ホープフルS勝ち馬レガレイラには不安要素が浮上する。1番人気に支持された皐月賞は6着。ハイペースかつ前残り馬場に対応しきれなかったが東京なら本来の姿を見せてくれるはず……そう思いたいところだが、以下データがマイナス材料としてのしかかる。

Advertisement


・皐月賞で6着以下かつ東京芝未勝利【0.0.1.34】

該当馬はすべて連対外と、目も当てられない成績に。皐月賞馬券外から連対圏への巻き返しに成功したのはワグネリアンやスワーヴリチャード、サトノクラウンといった東京芝勝利実績馬に限定。もっと言えば、前述3頭は東京芝重賞勝ち馬だった。

ウオッカ以来となるダービー制覇に挑む紅一点のレガレイラ。牝馬の躍進が目覚ましい近代競馬にあっても、上記のデータをブレイクするのは簡単なことではないだろう。東京芝GIで無双中のC.ルメールと木村哲也調教師のコンビとはいえ、よくて押さえ程度なのかもしれない。

日本ダービー(東京優駿)2024 予想コラム一覧

馬券攻略

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「日本ダービー」本命・注目馬予想一覧 “連続連対中”のGI本命を「競馬の祭典」でも要チェック!

◆【まとめ】「日本ダービー」大口投票パトロール ジャスティンミラノに単勝270万円も……単勝10人気前後の“伏兵”に複勝100万円か

Advertisement


◆【高配当メソッド】皐月賞敗戦組が「勝率62.5%」該当で反撃警戒 “1強ムードでも勝ち切れない”運命の舞台

追い切り評価

◆【追い切り診断】“必勝パターン”文句なしの仕上がり 「迫力増す渾身の態勢」で最高評価「S」

◆【追い切り診断】ジャスティンミラノに迫る高評価「A」 “こだわり”の調整でパフォーマンス向上

◆【追い切り診断】前走Vの良血に辛口「B」評価 「なんとか現状維持」で緩すぎる稽古

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】3戦3勝の無敗馬は“消し”も 皐月賞組で狙い撃つべき「勝率75%」の関西馬

◆【枠順傾向】“1枠1番を超える”好枠にシックスペンス 2桁人気激走は「奇数馬番から」

◆【全頭診断】人気一角の皐月賞組に“100%データ” 馬券妙味は「1.2.1.3」の想定10人気以下

◆【血統展望】ジャスティンミラノに“血の不安” エフフォーリア似の想定10人気以下を穴指名

◆【前走ローテ】皐月賞組が連対必至も、“ナリタブライアンに並ぶ”パフォーマンスで別路線組に要警戒

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】「搭載エンジンはGI級、ジャスティンミラノ超えも視野に」 単勝オッズ“2桁”の妙味

◆【穴馬アナライズ】「まだ世間にバレていない穴候補、ローテで即消し判断はNG」 想定“10人気以下”の爆穴

◆【危険な人気馬】優勝候補を大胆に“消し”と判断 「単勝1.6倍も飛んだ」皐月賞とダービーの関連性

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン