Advertisement

【日本ダービー/データ攻略】3戦3勝の無敗馬は“消し”も 皐月賞組で狙い撃つべき「勝率75%」の関西馬

【日本ダービー/データ攻略】3戦3勝の無敗馬は“消し”も 皐月賞組で狙い撃つべき「勝率75%」の関西馬

今週は東京競馬場で日本ダービー(東京優駿/芝2400m)が行われる。今年は無敗の皐月賞ジャスティンミラノが1番人気想定だが、過去には2桁人気馬の馬券内もあるレース。穴馬候補の発掘にも力が入る。

ここでは、過去10年からシンエンペラーシックスペンスにフォーカスしたデータを取り上げる。

◆【日本ダービー(東京優駿)2024予想/追い切り診断】“必勝パターン”文句なしの仕上がり 「迫力増す渾身の態勢」で最高評価「S」

■シンエンペラーに「勝率75%」データの追い風

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

京都2歳S以降、勝ち星から遠ざかっているシンエンペラー。2歳秋の時期から重賞勝ちと仕上がりの早さを示しただけに成長力に不安が……と思ってしまうところだが、今回はローテーションが後押しする。

・弥生賞で上がり3F最速の関西馬【3.0.0.1】

ワンアンドオンリー、マカヒキ、ワグネリアンと、該当馬4頭中3頭が勝利。昔から弥生賞とダービーの関連性は高く、春競馬で3度の関東遠征を覚悟してても弥生賞から始動する関西馬であれば信頼度はさらに増す。

シンエンペラーについて補足すると、デビュー戦は11月の東京芝1800m。矢作厩舎には2頭のダービー馬がいるが、ディープブリランテもコントレイルも秋の東京芝1800m勝利実績があり、厩舎における“ダービーローテ”となっている点は見逃せない。同馬の脚質を考えればもう少し内めの枠が良かった印象も、すんなり好位のインを確保できれば面白い存在だ。

■3戦3勝シックスペンスに【0.0.0.4】

シンエンペラーとは対照的に“0%データ”に該当してしまったのがシックスペンスだ。デビューから無傷の3連勝でスプリングSを制覇。皐月賞組以外における最大の惑星と言える1頭だが、今回はローテーションまつわるマイナス材料が浮上してしまう。

Advertisement


・前走が3月中旬以前のレースだった馬【0.0.0.4】

馬券内馬ゼロの“0%データ”に抵触。4頭と母数そのものは決して多くないが、このなかには無敗のGI馬ダノンプレミアムやC.ルメール騎手騎乗で3番人気に推されていたワーケアも含まれている。過去10年における前走3月中旬以前のローテーションは“相性最悪”と言えるものだ。

1600→1600→1800mとマイル中心の臨戦過程を組んできたシックスペンス陣営。以前ほどマイラータイプの台頭が難しくなっている東京芝2400mの日本ダービーで越えるべきハードルは相当高いものとなるだろう。未経験の東京と大幅な距離延長のリスクを考えたとき、思い切って“消し”の可能性も浮上する1頭なのかもしれない。

日本ダービー(東京優駿)2024 予想コラム一覧

馬券攻略

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「日本ダービー」本命・注目馬予想一覧 “連続連対中”のGI本命を「競馬の祭典」でも要チェック!

◆【まとめ】「日本ダービー」大口投票パトロール ジャスティンミラノに単勝270万円も……単勝10人気前後の“伏兵”に複勝100万円か

Advertisement


◆【高配当メソッド】皐月賞敗戦組が「勝率62.5%」該当で反撃警戒 “1強ムードでも勝ち切れない”運命の舞台

追い切り評価

◆【追い切り診断】“必勝パターン”文句なしの仕上がり 「迫力増す渾身の態勢」で最高評価「S」

◆【追い切り診断】ジャスティンミラノに迫る高評価「A」 “こだわり”の調整でパフォーマンス向上

◆【追い切り診断】前走Vの良血に辛口「B」評価 「なんとか現状維持」で緩すぎる稽古

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】“完璧ローテ”で臨む不動の軸候補 「3.5.1.0」該当で超鉄板級へと評価爆上がり

◆【枠順傾向】“1枠1番を超える”好枠にシックスペンス 2桁人気激走は「奇数馬番から」

◆【全頭診断】人気一角の皐月賞組に“100%データ” 馬券妙味は「1.2.1.3」の想定10人気以下

◆【血統展望】ジャスティンミラノに“血の不安” エフフォーリア似の想定10人気以下を穴指名

◆【前走ローテ】皐月賞組が連対必至も、“ナリタブライアンに並ぶ”パフォーマンスで別路線組に要警戒

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】「搭載エンジンはGI級、ジャスティンミラノ超えも視野に」 単勝オッズ“2桁”の妙味

◆【穴馬アナライズ】「まだ世間にバレていない穴候補、ローテで即消し判断はNG」 想定“10人気以下”の爆穴

◆【危険な人気馬】優勝候補を大胆に“消し”と判断 「単勝1.6倍も飛んだ」皐月賞とダービーの関連性

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン