Advertisement

【RIZIN.47】「やっぱり強い」梅野源治、開始5秒で“爆ヒジ”炸裂……2度のダウン奪い死闘を制す 解説席のYA-MANも称賛

 

A.Kudo/SPREAD編集部

【RIZIN.47】「やっぱり強い」梅野源治、開始5秒で“爆ヒジ”炸裂……2度のダウン奪い死闘を制す 解説席のYA-MANも称賛
(C)RIZIN FF

総合格闘技イベント「Yogibo presents RIZIN.47ライジン47)」は9日、国立代々木競技場 第一体育館にて開催。第2試合の「梅野源治 vs. 魚井フルスイング」は、梅野源治がフルマークの判定勝ちを収めた。

◆【実際の映像】「ヒジ有りの梅野は強い」梅野源治、試合開始からわずか5秒で“爆ヒジ”! ムエタイ界の至宝が魅せた衝撃のダウン

■「ヒジ有りの梅野選手は強い」

オープンフィンガーでの「ヤバい」一戦で梅野が魅せた。

試合開始のゴングと同時に梅野を魚井のフルスイングが襲う。ものすごい勢いでパンチを繰り出され、梅野はおでこを腫れさせた。しかし、肘ありルールの梅野は強い。開始5秒でヒジを当て、最初のダウンを奪った。その後も激しい打撃戦が続き第1ラウンドは終了。

第2ラウンドも早々にフルスイングで攻める魚井。しかし、魚井はキックルールにも関わらずタックルを繰り返してしまいイエローカードをもらった。その後、梅野はカウンターのヒジで2度目のダウンを魚井から奪取。互いに倒しに行こうという意欲を見せ、近距離での激しい攻防が続く。

(C)RIZIN FF

最終ラウンドも魚井はタックルしてしまい、2枚目のイエローカードが出された。解説席のYA-MANは「魚井選手は腕が利いている。蹴りの距離では腕をもらうから嫌で、近距離だとヒジをもらうから、さらに遠くの距離からタックルで入っちゃうみたいな……手詰まり状態なのでは」と分析。

梅野は右の脛からかなりの出血も見えたがハイキックなどを繰り出し、魚井を制して試合終了。試合は判定3-0で梅野の勝利となった。YA-MANは「第3ラウンド目は梅野選手が支配していた」「やっぱり“ヒジ有り”の梅野選手は強いですね、怖くて入れない」と称賛した。

同大会は「ABEMA PPV」にて全試合生中継されている。

Advertisement


◆【実際の映像】「ヒジ有りの梅野は強い」梅野源治、試合開始からわずか5秒で“爆ヒジ”! ムエタイ界の至宝が魅せた衝撃のダウン

◆【動画アリ】「早すぎて見えなかった……」クレベル・コイケ、元王者に“秒殺”一本勝ち まさかの展開に会場騒然「回転したら極まってた」

◆【動画アリ】「すべてが最高レベル」堀口恭司、宿敵ペティスにリベンジ成功 鈴木千裕も脱帽「目に見えないベルトがある」