【MLB】「オオタニの1番での成績」大谷翔平、打率5割3ホーマーにOPSは異次元の“1.700” 得意の6月に猛打、現地記者も注目

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】「オオタニの1番での成績」大谷翔平、打率5割3ホーマーにOPSは異次元の“1.700” 得意の6月に猛打、現地記者も注目
ドジャースの大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地ドジャースタジアムでのエンゼルス戦に「1番DH」で先発出場する。

ムーキー・ベッツ内野手の骨折による離脱入り以来、1番でスタメン出場を続けているが、現地記者が驚異の数字を残す大谷のリードオフマンとしての成績に言及している。

◆【速報/動画あり】大谷翔平、3戦連発23号は右中間への驚愕186キロ 古巣相手に連日の一打、139メートル弾にドジャースタジアムは大熱狂

■本塁打、打率でリーグ首位

大谷は21日(同22日)のエンゼルス戦では敗れたものの5回に22号2ランを放つなど、2打数2安打2打点。打率を再びナ・リーグ首位に挙げるなど、1番起用されてからの復調ぶりは目を見張るものがある。

現地メディア『ドジャース・ネーション』のノア・カムラス記者は、「ショウヘイ・オオタニがドジャースの先頭打者になってからの成績」とつづり成績を紹介。大谷は20打数10安打で打率は驚異の.500。さらに、出塁率.600、長打率1.100、3本塁打、7得点、OPS1.700 といずれもハイレベルなスタッツを残している。

大谷にとって6月は2021年、23年に月間MVPを受賞している得意の月である。ベッツが不在という緊急事態に見舞われたなか、1番として縦横無尽の働きを見せている。

◆【速報/動画あり】大谷翔平、3戦連発23号は右中間への驚愕186キロ 古巣相手に連日の一打、139メートル弾にドジャースタジアムは大熱狂

◆【動画あり】大谷翔平、139メートル23号直後に見せた確信歩きの“横姿” 圧巻のパワー、公式が驚愕の飛距離に注目「オオタニは6本目」

◆23号の大谷翔平、現地記者も驚愕のメジャー史に名を刻むパワー 450フィート超えHR連発、スタントンらの記録も目前

Advertisement