東京2020まであと1年!野村忠宏や澤穂希、渡邊雄太も出席のセレモニー開催

2019年7月24日、『東京2020オリンピック1年前セレモニー』が東京国際フォーラム(東京・千代田区)にて開催された。

日本から世界への発信

1年後に迫った東京2020オリンピックへの決起のため、東京2020組織委員会の森喜朗会長安倍晋三内閣総理大臣小池百合子東京都知事、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長、さらに各国のオリンピック委員会会長が列席し、東京2020オリンピックへの招待状手交が行われた。

森会長は「東日本大震災から復興への貢献はこの大会の源流である。少しでも元気や力を届けたいとさまざまな活動に取り組んでまいりました」と、復興への思いを大きく背負った大会であると話した。

また、小池都知事は「大会の準備は総仕上げの段階を迎えたところであります。先月からテストイベントの開始、安全の確保、暑さ対策などの具体的な検証に入っています」と会場や施設の現状を報告。

安倍内閣総理大臣は、「2011年、日本は東日本大震災による甚大な被害を受けました。世界中の皆様からのご支援に対する『ありがとう』のメッセージを伝えるとともに、復興しつつある東北の姿を世界中に発信していきたいと思います」と意気込みを露わに。続けて、「1年後、ここ東京でオリンピックの感動を分かち合うことができることを心から楽しみにしております」と話した。

聖火リレー公式アンバサダーが登場

セレモニーには『東京2020聖火リレー公式アンバサダー』として元柔道選手の野村忠宏さん、パラ射撃の田口亜希さん、女優の石原さとみさん、お笑い芸人・サンドウィッチマン伊達みきおさん富澤たけしさん、東京2020オリンピックマスコットのミライトワが登場。

聖火ランナーのユニフォームを身につけて客席から壇上に上がり、会場を盛り上げた。

サンドウィッチマンの伊達さんは「地元東北を盛り上げて、復興を全世界中に見ていただくチャンス」と話し、富澤さんは「僕らが選ばれた意味の盛り上げるという面でも、二つの意味で成果(聖火)をあげたいですね」と“成果”と“聖火”をかけてコメント。これには会場から拍手が送られた。

石原さんは「聖火リレーは3月から冬、春、夏と季節を感じながら日本の素晴らしい景色を全世界に発信し、一つの火を一万人で日本中を繋げていきます。私もインタビューに行くので待っててください!」とコメントした。

東京2020オリンピックメダルデザインの発表

この日は、東京2020オリンピックメダル、メダルリボンのデザイン発表も行われた。

発表会には、ウエイトリフティングの三宅宏実選手、カヌー(スラローム)の羽根田卓也選手、元女子サッカー選手の澤穂希さん、バスケットボールの渡邊雄太選手が登壇。メダル、リボンのデザインを目にして、それぞれ次のように語った。

三宅選手:「(自身が持っている)2大会のメダルと比べ物にならないくらい色味が深くて綺麗です」

羽根田選手:「第一印象がピカピカだなって。これぞメダルにふさわしい輝きだと思います。リボンといいコンビだと思います」

澤さん:「またもう一度このメダルを目指して現役をやりたいという思いにさせるくらい、欲しいなって思えますね!

渡邊選手:「すごく光り輝いていて、オーラを感じます」

吉田兄弟、スカパラによるスペシャルライブ

セレモニーの最後には、世界で活躍する津軽三味線奏者の吉田兄弟と、東京スカパラダイスオーケストラによるスペシャルライブが開催。

東京スカパラダイスオーケストラの「DOWN BEAT STOMP」をコラボレーションで演奏し、セレモニーは盛況のうちに幕を閉じた。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします