川本武史「東京五輪で必ずメダルを」 ドルフィンキックを活かす水着で世界へ

2019年10月30日、株式会社デサントが神田明神ホールにて、『アリーナ』 トップモデルスイムウエア発表会を開催した。

発表会に出席したのは、同ブランドアドバイザリースタッフの瀬戸大也選手をはじめ、川本武史選手、清水咲子選手、長谷川涼香選手、牧野紘子選手の計5名。

新作ウェアを着用した上での感想や、東京五輪に向けた意気込み、神田明神にちなんで絵馬に書いた目標を語った。

撮影:吉川真緒

>関連記事

瀬戸大也が絵馬に書いた“目標” 最強の武器を味方に金メダルを目指す

川本武史が新作スイムウエアで登場 「自信を持って世界と戦いたい」

撮影:吉川真緒

新作のスイムウェア『ULTIMATE AQUAFORCE X CP(アルティメット・アクアフォースエックス コントロールポジション)』を着用し、緊張の面持ちで登場した川本選手。

「水中でのボディポジションがアップするこの水着が、どのような場面で力になるか?」という問いに答えた。

川本:「この水着は後ろにテープが貼られているんですけど、レース後半の失速したときにテープが足を引きあげてくれます。自分の改善したいところをサポートしてくれる、非常に良い水着です」

川本:「自分の武器はドルフィンキックなので、自分の武器をより活かしてくれるのがこの水着。もっと自信を持って、世界と戦いたいと思います」

また、『AQUAFORCE WAVECAP(アクアフォースウェーブキャップ)』を着用した感想も語ってくれた。

川本:「『AQUAFORCE WAVECAP(アクアフォースウェーブキャップ)』を試着したとき、正直、すごいキャップが出てきたなと思いました。軸が頭頂部から巻いているんですけど、頭頂部から自分の軸みたいなものができて、すごくバランスが取れた泳ぎができ、いいドルフィンキックが打てるようになりました

撮影:吉川真緒

司会者からの「キャップで自分の動きが変わるんですか?」という質問には、「頭が浮いている感じというか……とりあえずドルフィンキックは打ちやすかったです(笑)」とコメント。

言語化が難しい“感覚”についてのコメントだったものの、「とりあえず……」と強引にまとめた回答で、会場は笑いに包まれた。

川本武史の目標は「東京五輪で必ずメダルを獲る!」

撮影:吉川真緒

新作スイムウェア発表会の最後に、勝負運のパワースポット・神田明神にちなんで、来季の目標を書いた絵馬のお披露目があった。川本選手は目標についてこう語る。

川本:「東京五輪でメダルを獲得することです。自分の水泳の集大成をかけて、ここで。水泳人生で一番いい泳ぎができたらなと思います」

撮影:吉川真緒

最後に司会者から「作ってこられた体もですし、真っ黒に日焼けした肌も皆さんに見ていただくチャンスですね!」と、筋肉と日焼けした肌をいじられていた。

川本:「そうですね……色はおいといて(笑) 練習の成果を五輪の舞台で出せることが一番だと思うので、まずは練習をがんばって、本番でしっかり結果が残せるようにこの素晴らしい水着と一緒にがんばります

『ULTIMATE AQUAFORCE X CP(アルティメット・アクアフォースエックス コントロールポジション)』が自分の武器を活かし、最高のパフォーマンスを引き出してくれると語った川本選手。

絵馬を良く見ると小さくチョウチョ(バタフライ)が書かれており、真剣な姿だけではなく、かわいらしい一面も見せてくれたイベントだった。

≪写真・文 吉川真緒≫

≪関連記事≫

瀬戸大也が絵馬に書いた“目標” 最強の武器を味方に金メダルを目指す

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします