アリーナ・ザギトワ、NHK杯はショートで苦戦もフリーで巻き返し3位 「トリノで会いましょう」

NHK杯女子シングルを3位で終えたアリーナ・ザギトワ選手がインスタグラムを更新し、ロシア語、英語、そして日本語でファンにメッセージを送った。

ザギトワ選手はショートプログラムでジャンプのミスが響き4位と出遅れたが、フリーではほぼ完璧な演技を見せ、トータル217.99点で3位に入った。12月にイタリア・トリノで行われるグランプリファイナルにも3年連続の出場が決まった。

ザギトワ選手は「日本で行われたNHK杯は私にとって本当に挑戦でした。 様々な困難…イライラ…フラストレーション…幸せ…」と綴り、そんな中でもフリーで今季自己最高点を出せたことに「私のチームとファンの皆さまの素晴らしいサポートが私を集中させ、ベストを尽くすことができました」と感謝した。

またトリノでお会いしましょう」とグランプリファイナルも楽しみにしている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Японский этап NHK Trophy стал настоящим челленджем для меня… сложно…волнующе…досадно… радостно… 💪💪💪 и только с поддержкой моих тренеров 💐 и всех болельщиков 💐 я смогла настроиться и показать красивое катание. Увидимся в Турине 🇮🇹 😉/ Japanese NHK Trophy was a real challenge for myself. Difficult…annoying…frustrating…happy…💪💪💪 and just GREAT SUPPORT of my team 💐 and all the fans 💐 made me concentrate and do my best. So see you in Turin 🇮🇹😉 / 日本で行われたNHK杯は私にとって本当に挑戦でした。 様々な困難…イライラ…フラストレーション…幸せ… 💪💪💪私のチーム💐とファンの皆さま💐の素晴らしいサポートが私を集中させ、ベストを尽くすことができました。 またトリノでお会いしましょう🇮🇹😉 #фигурноекатание #figureskating #フィギュアスケート #isu #grandprix #japan #teamrussia #teamtutberidze

Alina Zagitova(@azagitova)がシェアした投稿 –

失敗で落胆もコーチの言葉でフリーに専念

ショートプログラムでは冒頭の3回転ジャンプでミス。後半に巻き返そうとするも再びミスが出て4位に終わった。演技後は「緊張はしていませんでした。アドレナリンが足りない感じでした」と落胆した。

フリーの演技がおわったあと、改めてザギトワ選手は「ショートプログラム後は、もちろん動揺しました」とISU(国際スケート連盟)のインタビューで語った。

「だけどコーチが適切な言葉をかけてくれたおかげで、フリーの演技に集中することができました。このプログラムでは、ある要素から次の要素まで、何をする必要があるかだけを考えていました」

(c)Getty Images

≪関連記事≫

アリーナ・ザギトワってどんな選手?平昌五輪で女王に 親日家の素顔も

アリーナ・ザギトワ、資生堂と共同考案の公式戦メイクで2019-20シーズンに

ザギトワ、ファンからもらったプレゼントを公開 リラックマや愛犬「マサル」に似たぬいぐるみも

ザギトワ、浴衣で回転寿司と日本を満喫 日本のファンへの感謝の言葉も

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします