木原美悠・長﨑美柚が世界女王ペアに逆転勝利 劣勢も“笑顔”で跳ね返す

卓球のITTFワールドツアー・グランドファイナルは12月13日に大会2日目が行われた。

女子ダブルスでは準決勝で今年の世界ジュニアチャンピオンで第1シードの長﨑美柚木原美悠ペアが、今年の世界卓球金メダルの孫穎莎王曼昱ペア(中国)と対戦した。長崎/木原ペアはゲームカウント0-2から3ゲーム連取大逆転で世界女王ペアに勝利した

劣勢も笑顔で跳ね返して逆転勝利

第1ゲームは序盤から一方的に攻められ3-11で落としてしまう。第2ゲームでも相手の勢いを止められず5-11で後がない状況に追い込まれた。

だが、第3ゲームに入って長崎選手のフォアが決まり、序盤の連続ポイントで波に乗って一気に取り返す。第4ゲームは中国ペアにリードを許すが、タイムアウトから木原選手のバックハンドで流れを手繰り寄せ14-12で連取

追いついて迎えた最終ゲームは互いに一歩も譲らない展開が続く。日本ペアは先にマッチポイントを握られるが跳ね返し、12-12で追いつくと木原選手のフォアが決まって逆に世界女王からマッチポイント。

この緊迫した場面でも言葉を交わし、握手した日本ペアは笑みを浮かべる。逆に中国ペアの顔が強ばった。

最後は相手の強打を木原選手がバックで打ち返して決勝進出を決めた

決勝は10月に敗れた韓国ペアとのリベンジマッチ

長崎/木原ペアは今年11月のオーストリアオープンでワールドツアー初優勝を飾ると、タイで行われた世界ジュニアでも優勝。長崎選手はシングルスでも中国選手の17連覇を阻み、初の日本人世界ジュニア女王の座に就いた。

勢いに乗る日本ペアが決勝で対戦するのは韓国のチョン・ジヒ/ヤン・ハウンのペア。両者は今年の10月にドイツオープンで対戦しており、そのときは韓国ペアがゲームカウント3-1で勝利している。

準決勝後にツイッターを更新した木原選手は、「世界チャンピオンに勝ってしまった」と驚き顔の絵文字つきで投稿。韓国ペアとの対戦に「決勝決勝 頑張るぞ リベンジリベンジ」と意気込んだ。

≪関連記事≫

石川佳純がシングルス代表入り、確定後は号泣 平野美宇と最終戦まで争う

平野美宇ってどんな選手? 速攻型のスタイルでトップ選手に成長、狙う東京五輪の舞台

石川佳純ってどんな選手? 国内外に多くのファンを抱える日本卓球界のエース

早田ひなってどんな選手? 真面目で努力家、どんな困難にも諦めない精神で挑む次世代のエース

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします