鍵山優真がユース五輪で逆転金メダル 表彰台からの眺めに「こんなにも応援してくれた人がいたんだ」

現地時間1月12日、スイス・ローザンヌで行われたユースオリンピックの男子フィギュアスケートシングルで、日本の鍵山優真選手がショートプログラム3位からフリーで逆転し、金メダルを獲得した。

首位と6.96点差で臨んだフリーで鍵山選手は166.41ポイントを記録。合計を239.17ポイントまで伸ばした

ショートプログラム1位だったアンドレイ・モザレフ選手(ロシア)は、フリーで158.22ポイントの合計237.94ポイントで2位。ショートプログラム2位のダニリ・サムソノフ選手(ロシア)はフリー138.59ポイントで合計215.21ポイントの3位だった。

逆転優勝は今後の自信 目標は北京オリンピック

11日のショートプログラムではリンクの壁に設置された緩衝材に衝突し、転倒してしまった鍵山選手。

ショートトラック競技のために置かれた緩衝材でリンクが狭くなっていたことや、スケートの勢いがつきすぎたため起きたアクシデントだった。

ショートプログラム後は「自分のジャンプに自信を持っていて、完璧なルーティンを目指していましたが、スピードをうまくコントロールできませんでした」と反省の弁も聞かれた。

それでも会場からの声援を背に「みんなが応援してくれていたので諦めたくなかった」と最後まで演技を続けた。

(c)Getty Images

フリースケーティングでも終盤には会場から大きな手拍子。素晴らしい雰囲気のなかで力を出し切った金メダルに「観客席を見渡して、こんなにも応援してくれた人がいたんだと嬉しく思いました」と感慨深げ。

同世代の強敵たちを破っての金メダルは「とても嬉しいですし、今後の大会に向けて自信になります」とコメントしている。

「フリーは好きなプログラムなのでプレッシャーはありませんでした。とにかくベストを尽くそうと思っていました。いまは2022年の北京(冬季五輪)が目標です

≪関連記事≫

鍵山優真、憧れる宇野昌磨への思いを語る ユースオリンピックのSPでは3位

ユース五輪が9日開幕 旗手を務める鍵山優真はオリンピック博物館を訪問

鍵山優真、世界ジュニア代表入りに喜び 同学年の佐藤駿と「一緒に世界ジュニアに行けることがとても嬉しい」

鍵山優真が全日本フィギュア3位、高1での表彰台は23季ぶり 「一番てっぺんからいい景色が見たい」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします