現役最終戦に望むトンプソンルーク W杯公式が活躍を振り返る

近鉄ライナーズのトンプソン・ルーク選手が今週末、現役最後の試合を迎える。1月19日に秩父宮ラグビー場で栗田工業ウォーターガッシュと対戦。この試合にはチームの全勝優勝も懸かっている。

トンプソン選手は昨年の『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』に、日本代表の一員として出場した。日本代表初の4大会出場を果たしたベテランは、身体を張った献身的なプレーで史上初のベスト8入りに貢献した。

また、試合後のインタビューでは大阪在住歴が長く、大阪弁を使いこなすトンプソン選手の人柄にも注目が集まった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【トップチャレンジリーグ】 今週末はトップチャレンジリーグ最終節。 そしてトンプソンルーク選手にとっても現役最後の試合。 トモさんに最後笑って引退してほしい。 そのためにライナーズ全員で今週も戦い抜きます‼️ 今シーズンもファンの皆様の応援が本当に力になりました💪 最後もう1試合力を貸してください。 満員の秩父宮でトモさんの最後を飾りましょう💪💪💪 トップチャレンジリーグ最終節 vs栗田工業ウォーターガッシュ 1月19日(日)14:00kickoff @秩父宮ラグビー場 #近鉄ライナーズ #トップチャレンジリーグ #最終節 #トンプソンルーク #lastgame #秩父宮ラグビー場 #グラウンドで会いましょう #weareliners

近鉄ライナーズ/LINERS PLAYERS DAYS(@kintetsu_liners)がシェアした投稿 –

全勝優勝で有終の美を飾れるか

トンプソン選手が所属する近鉄は、トップリーグの2部に位置するトップチャレンジリーグで戦っている。これまでは大きな注目を集めるリーグではなかったが、今季はW杯で活躍したトンプソン選手を一目見ようと大勢の観客が集まった

その期待に応えるため、そして現役生活最後のシーズンを1試合でも多くグラウンドで過ごすため、トンプソン選手は昨年11月の開幕戦から出場を続けた。第2週(2019年11月24日)の豊田自動織機シャトルズ戦では、ホームの東大阪市花園ラグビー場に1万5596人ものファンが詰めかけた

W杯公式インスタグラムは15日に「今季限りで引退する日本代表トンプソン・ルーク選手が今週末、現役最後となる試合に出場」と更新。過去の写真もアップしてトンプソン選手のW杯での活躍を振り返った。

ファンからは「泣けるほど頑張る男…日本代表を選んでくれて本当にありがとうございました」「最後の最後まで素晴らしきラグビー人生でありますように」とコメントが寄せられている。

≪関連記事≫

リーチ・マイケルと江口洋介が乾杯「これからもラグビーで日本に恩返ししたい」 トンプソン・ルークもサプライズ出演

トンプソン・ルーク「家族と過ごす時間は最高」 今季が現役最終年

トンプソン・ルーク、最後のW杯は「ちょっと寂しい」 福岡堅樹も15人制代表を引退

トンプソン・ルークってどんな選手?献身的なプレーで日本を支える、W杯4度出場の大ベテラン

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします