ルイス・スアレスが選ぶ歴史的な瞬間 母国を救ったハンドを振り返る

ウルグアイ代表FWルイス・スアレス選手が、FIFAワールドカップでの歴史的な瞬間を振り返った。

OTRO』のインタビューに答えたスアレス選手は、ウルグアイの勝利につながった数々のゴールではなく、決定的瞬間を防いだ“ハンド”を忘れられないプレーに挙げた。

ウルグアイ40年ぶりの歴史を作ったハンド

スアレス選手が振り返ったのは2010年W杯準々決勝ガーナ戦。この試合は1-1のまま延長後半アディショナルタイムを迎えていた。

残り時間わずかでガーナがFKのチャンスを得る。ラストワンプレーで決めようとするガーナに対し、ウルグアイも全員が身体を張って守る。そのなかでガーナのドミニク・アディアー選手がヘディングシュート。

決定的な一撃は決まったかに思われた。そこへ立ちはだかったのがスアレス選手だ。両手を伸ばし、手でアディアー選手のシュートを弾き出す。故意のハンドで決定機を妨害したスアレス選手にはレッドカードが与えられた。

スアレス選手が退場したあと、ガーナはPKのチャンスでアサモア・ジャン選手がボールをセットする。誰もがガーナの勝利を確信。ところが、ジャン選手のキックはクロスバーを直撃して失敗。

絶体絶命の窮地を乗り越えたウルグアイはPK戦でガーナを下し、実に40年ぶりのベスト4入りを果たした。

一連の出来事を「母国の歴史の一部」とスアレス選手は語る。

ウルグアイのサッカー、代表チームの歴史に残る試合になったと思います

 

この投稿をInstagramで見る

 

History. One word from @luissuarez9 on THAT @fifaworldcup moment ✊

OTRO(@otro)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

サガン鳥栖のエドゥアルドとチアゴ・アウベスが“絵心対決” 筆と墨汁でピカチュウを描く

鹿島・土居聖真がファンからの質問に答える Jリーグの延期に「せめても…」と企画

遠藤保仁が「すごいMFベスト3」を発表 那須大亮のyoutubeチャンネルに出演

イニエスタ、チームは引き分けもスーパープレー 「後半のプレーが進むべき道」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします