平野歩夢のスペシャルムービーが公開「1人でも多くの人が自分の目指すことにチャレンジしていってくれたら」

モンスターエナジーは、3月3日より「モンスター パイプラインパンチ」を再発売した。それに伴い、モンスターエナジーがサポートするスケートボーダー平野歩夢選手とのコラボレーションムービーを、モンスターエナジー公式サイトにて公開している。

「パイプラインパンチ」は2015年に米国で限定発売されたフレーバー。ハワイで人気のトロピカルなフルーツをブレンドし、ピンク色のラベルも目を引く。

日本では2019年4月に発売したが、想定を上回る人気に生産が追いつかず、わずか1か月で販売を終了した。

スペシャルムービーの撮影場所は、平野選手のホームである新潟県村上市の村上市スケートパーク。ホームならではのリラックスした表情の平野選手が次々に技を成功させ、その合間にパイプラインパンチを飲む

平野歩夢 コメント

Q:今回の撮影の感想をお聞かせください。

A:撮影したのは、僕の地元に昨年出来たばかりの「村上市スケートパーク」です。幅広い年齢層、そして様々なレベルのスケーターが集まる場所なので、いつも刺激的でありながらも初心に戻れる場所です。

撮影では、ホームということもありリラックスして撮影でき、とても楽しく良い時間を過ごせました。今の僕の挑戦をみて、1人でも多くの人が自分の目指すことにチャレンジしていってくれたらと思っています。

Q:パイプラインパンチを飲んでどうでしたか?

A:今日パイプラインパンチを久々に飲めたんですけど、やっぱり美味しくて飲みやすいですね。僕が好きなのはエナジーかこのパイプラインパンチですね。売り切れたとは聞いてたので気になっていました。

平野歩夢 プロフィール

2013年に14歳でX Gamesに初参戦し史上最年少で銀メダルを獲得。翌年のソチ五輪で銀メダルを獲得し、冬季五輪日本人最年少メダリストとなる。2015年には人生2度目となるワールド・ツアーのチャンピオンの座に上り、2015/2016シーズンはLaax Open 優勝や、European X Gamesでは日本人初となる金メダルを獲得

2017/2018シーズンには前人未到のルーティーンを決め、X Gamesで99点のスコアで優勝し、平昌五輪では二大会連続銀メダルを成し遂げた。現在は、スケートボード「パーク」種目で奮闘している。

≪関連記事≫

平野歩夢、新たな体制「TEAM FALKEN」で東京五輪を見据える スケートボードへの挑戦と突き当たった壁

中村輪夢が“憧れの存在”平野歩夢らと「TEAM FALKEN」に 18歳で迎える東京五輪への想い

高木美帆、新濱立也がスプリント優勝 スピードスケート世界選手権

吉田安里沙が涙を流して語った“今後” アイスクロス横浜2020で感じた自身の弱さ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします