エフゲニア・メドベージェワ、コーチ変更の裏にあった思いを明かす

フィギュアスケート界ではロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ選手が、エテリ・トゥトベリーゼコーチのもとを離れ、エフゲニー・プルシェンコさんのチームに加わったことが大きな話題となっている。

遡ること2年前の2018年にも、トゥトベリーゼコーチのもとを離れたスケーターがいる。世界選手権を2度制し、平昌五輪で銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ選手だ。

当時、ライバル国カナダへの移籍は国内外に大きな衝撃を与えた。この決断の裏にあった思いをメドベージェワ選手が明かした。

友達のようなコーチと練習したかった

(c)Getty Images

メドベージェワ選手は「より良い結果を求めてというわけではなかった」と、トゥトベリーゼコーチのもとを離れた理由について説明する。

「私はスポーツでたくさんのことをしました。フィギュアスケートで多くの勝利を積み重ねた。だから友達のようなコーチと一緒に練習してみたいと思ったんです」

ブライアン・オーサーコーチのことを「友達と呼ぶのが正しいかは分からない」が、そこにはコーチと生徒ではなく、対等な関係があるのだと言う。

「私たちは深くお互いを理解し、お互いを感じていて、お互いに相手の話を聞けていると感じます。私がロシアを離れたのはそのためでした。彼の話を聞き、私の話を彼に聞いてもらうために」

カナダで感じたスケートの楽しさ

(c)Getty Images

オーサーコーチは、オリンピックチャンネルのインタビューで、今シーズンのメドベージェワ選手は、これまででも最高の状態だったと話している。

メドベージェワ選手自身も、カナダに渡ったことで自分のスケートに変化があったと話す。

「私はジャンプが大好きで、だからシングルスケーターだったのだけど、ブライアンたちと練習をするようになってからは、スケーティングも好きになりました。いまはスケートに魂を込めてパフォーマンスしています

メドベージェワ選手はトゥトベリーゼコーチとの不仲を否定し、あくまでも移籍は前向きなものだったと強調した。

参考:https://www.olympicchannel.com/stories/news/detail/evgenia-medvedeva-future-coaching-change/

≪関連記事≫

ブライアン・オーサーが語る現在のクリケットクラブ

メドベージェワ、クリケットファミリーとのビデオ通話画面を公開

「この投稿を捧げます」メドベージェワが軍へ入隊するEXO・シウミンにメッセージ

安藤美姫、メドベージェワへ愛を込めたハッシュタグ「#JapanLoveEvgenia」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします