【NPB】新庄剛志がプロ野球現役復帰を断念 「挑戦した自分に悔いはなし」

■「1%の可能性が0%になりただただ悔しい」

48歳でプロ野球現役復帰を目指していた新庄剛志氏が13日、自身のインスタグラムを更新し、「1%の可能性を信じてやって来たが、今日0%になりただただ悔しい」と復帰を断念する意向を示した。

阪神タイガース日本ハム、MLBのメッツジャイアンツで活躍した新庄氏は、15年ぶりの現役復帰を目指して7日、神宮球場で行われたプロ野球の12球団合同トライアウトに参加。背番号「1」のユニホームで登場し、第4打席でレフト前にタイムリーを放つなど、存在感をアピールしていた。

トライアウト後、「6日間でオファーがなければ野球は終わり」と宣言し、期限の13日までに各球団からのオファーがなかったとみられる。

「1%の可能性を信じてやって来たが、今日0%になりただただ悔しいし情けない、身の程を知りました! 応援してくれた皆んな、サポートしてくれた皆んなに申し訳ない! しかしいくつになっても挑戦した自分に悔いはなし! みんなも挑戦する楽しさをわかってほしいなぁ! 短い1年だったけど応援してくれた皆さん有難うございます感謝します!!」(原文まま)

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします