【箱根駅伝】駒澤大学が最終区間で大逆転総合優勝、往路1位の創価大は初優勝ならず

第97回箱根駅伝・復路(箱根―東京)が3日に行われ、往路2位の駒澤大が最終第10区で逆転、13年ぶりの総合優勝(10時間56分04秒)を決めた。

駒澤大は最終10区スタート時点では首位の創価大と3分19秒差があった。10区のランナーである石川拓慎(3年=拓大紅陵)が猛追を見せ、20.8キロ地点で逆転し、そのままゴール。歴史的な大逆転劇で13年ぶり7度目の総合優勝を成し遂げた。

前回大会の覇者・青学大は往路12位からのスタートも、8区の5.3キロ地点付近で東京国際大を抜いて5位に浮上。最後まで追い上げを見せ、11時間01分17秒で4位だった。

第97回「箱根駅伝」復路6区〜10区の総合順位・個人成績

【箱根駅伝】創価大が初の往路優勝、連覇を狙う青学大はシード圏外に…

第97回「箱根駅伝」往路1区〜5区の総合順位・個人成績一覧

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします