本田圭佑、セネガルの弱点を見つける「すでに分析した」

FIFAロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2節で、日本は6月26日0時にセネガルと対戦する。初戦で南米の強豪を破った日本は2連勝で決勝トーナメント進出に近づきたい。

大事な試合を前に本田圭祐選手は「セネガルの分析は済んでいる」と自信ありげに語った。

最後のW杯で後悔しないように

セネガルはポーランド戦を見ると先発メンバー11人中4人が欧州生まれで、欧州のクラブでプレーしている選手たち。

戦術面で見ても、アリウ・シセ監督の下でゲーゲンプレッシングを磨いており、フィジカルや個人技は強いが規律に脆さがあるという従来のアフリカのイメージを覆せるチームに仕上がった。

まだ強豪に比べれば個人のタレント頼りな部分はあるが、大雑把なイメージとしては『フィジカルがものすごく強い欧州のチーム』に近づいている。

日本では欧州や南米のチームを警戒しがちだが、相性で言えばコロンビア以上に戦いづらい相手だろう。

そんな強敵との対戦に本田選手は「間違いなくタフな試合になる」とした上で、セネガルの弱点は分析済みだと語った。

「セネガルのことはすでに分析した。彼らにはいくつかの弱点がある。その弱点を利用して得点を決めたい」

本田圭佑 選手 (c)Getty Images

具体的な弱点に関しては「まだ言えないよ」と笑ってはぐらかす。

「アフリカの選手とチームはフィジカルが強く、最近では規律も整っている。彼らは弱点を減らしているが、僕たちは弱点を見つけた。それらを利用したい」

激闘が予想される試合にも本田選手は、「自信はもちろんあると思います。勝つイメージがなければ正直話にならないので」と力強い言葉を口にしたが、「もちろん不安、恐れもあるので、そことのせめぎ合いが当日試合が終わるまで続くと思う」と率直な気持ちも語った。

また、今回が最後のW杯とも話し「後悔を残したくない」と完全燃焼を誓った。

セネガル戦も勝ちを狙っていく

乾貴士選手はセネガル戦について「ボールは持てると思う」と話し、「そんなに守備的になるとは考えてない」と展開を予想した。

「足下をすごく狙ってくる。足下を潰しにくるのはかなり強いチームなので、裏をどれだけいいタイミングで狙えるかが重要になってくると思う

乾貴士 選手 (c)Getty Images

セネガルの攻撃陣と相対することとなるディフェンダーの昌子源選手は、セネガルのイメージを“速い”と評した。

「セネガルは速いという言葉がぴったりなチームだと思いますし、そのスピードに僕らは翻弄されてはいけないし、僕らには僕らの良さがある。日本にはカバーリングの能力に長けている選手が多いので、そういうところで対応していきたい」

セネガルに勝って2連勝で決勝トーナメント進出を手繰り寄せられればいいが、もしそうならなければ第3節のポーランド戦までは中2日しかない。星勘定も重要になってくるが昌子選手は「セネガル戦も勝つつもりで戦う」とキッパリ。

ポーランドとコロンビアの結果にもよるが僕らは必ず勝ちにいく。勝つと信じてやっている。ポーランド戦を残してグループステージ突破というのを目標にしているので、勝ちにいく姿勢を見せたいと思っている」

昌子源 選手 (c)Getty Images

≪関連記事≫

セネガル代表サディオ・マネ、小さな村の貧しい少年がプロになるまでの”人生”と支えとなった”家族”の存在

ポドルスキとベッカムが日本代表を応援!Twitter上では「この2人に応援してもらえる日本すごい」

初戦で髪型に注目されたネイマール…髪切った?SNS上でも多くの人が反応

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします