【野球】センバツ21世紀枠が3校→4校へ 今大会候補校一覧と過去の出場校一覧

■出場4校は今月29日の選考委員会で決定

日本高校野球連盟は13日、3月19日に開幕する第93回選抜高等学校大会について、昨秋の明治神宮大会の中止で空白となっていた神宮大会枠に代わって、21世紀枠を3から4に増やすことを発表した。この日、大阪市内で開いた運営委員会で決まったもの。

◆過去の21世紀枠出場校一覧

21世紀枠は、2001年の第73回大会から設立。学校・地域の特性などの困難を克服した学校や、ボランティア活動など野球以外で地域貢献をし他校の模範となった学校を選出する。当初は東地区、西地区の2校だったが、2008年から3校に増枠。4枠は過去最多で、記念大会として行われた2013年以来2度目となる。

なお、すでに21世紀枠候補校は全国9地区から9校が推薦されており、29日の選考委員会で出場4校が選ばれる。

■今大会の21世紀枠候補校一覧

地区都道府県校名
北海道北海道知内高等学校
東北青森青森県立八戸西高等学校
関東・東京栃木栃木県立石橋高等学校
東海静岡静岡県立三島南高等学校
北信越富山富山県立富山北部・水橋高等学校
近畿兵庫兵庫県立東播磨高等学校
中国島根島根県立矢上高等学校
四国愛媛愛媛県立川之石高等学校
九州沖縄沖縄県立具志川商業高等学校

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします