【競馬】米年度代表馬「エクリプス賞」にKダービー&BCクラシックVのオーセンティック

2020年のKダービー&BCクラシックを制し、米年度代表馬に選ばれたオーセンティック (C)Getty Images

アメリカの年度代表馬を決める「エクリプス賞」が28日に発表され、年度代表馬には昨年のケンタッキーダービーブリーダーズカップクラシックを制したオーセンティックが選ばれた。

本馬は2019・20年の2年連続で北米リーディングサイヤー・Into Mischief産駒で、2019年にデビュー。3歳時の昨年は、シャムSサンフェリペSと重賞連勝で挑んだサンタアニタダービー(GI、サンタアニタ・ダ9F)でオナーエーピーの2着。続くハスケル招待S(GI、モンマス・ダ9F)でGI初制覇となった。

同年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で9月5日に延期されたケンタッキーダービー(GI、チャーチルダウンズ・ダ10F)に挑み、スタートで出負けするもすぐに挽回してハナを奪い、ベルモントS覇者・ティズザロウの振り切ってダービー制覇を成し遂げた。

◆オーセンティックは世界ランク2位 アーモンドアイ、コントレイルは…

■アメリカンファラオ以来のKダービー&BCクラシック制覇

2冠を狙ったたプリークネスS(GI、ピムリコ・ダ9.5F)では、牝馬・スイススカイダイバーとの熾烈な先行を繰り広げ、直線は3着馬に9馬身3/4の大差を付けるマッチレースを演じるも、クビ差の2着。

3歳最終戦はブリーダーズカップクラシック(GI、キーンランド・ダ10F)。ここでも序盤から先頭を奪うと、直線では2着以下を2馬身1/4突き放す快勝を見せ、2015年の米三冠馬・アメリカンファラオ以来となる、ケンタッキーダービー馬によるブリーダーズカップクラシック制覇を達成した。

なお、勝ち時計は当初、1分59秒19と掲示されたが、その後に計測機器の不具合が判明し、1分59秒60に下方修正。それでも、アメリカンファラオが記録したトラックレコードを更新するものだった。

このブリーダーズカップクラシックオーセンティックのラストランとなり、生涯成績8戦6勝、GI3勝を含む重賞5勝で現役を引退。今シーズンより、スペンドスリフトファームで種牡馬入りしている。

【競馬】藤田菜七子、サウジの国際騎手招待競走に選出 昨年は落馬負傷で断念

【競馬】チュウワウィザード、世界最高賞金レース・サウジCの招待受諾

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします