【テニス】全豪オープン2回戦、女子第9シードのクビトバが敗れる

全豪オープンの2回戦で敗れたクビドバ(2021年2月10日) (C)Getty Images

テニスの全豪オープンは10日、女子シングルス2回戦オーストラリアメルボルンマーガレット・コート・アリーナで行われ、女子世界ランキング8位で第9シードのペトラ・クビトバチェコ)が同68位のソラナ・チルステアルーマニア)に4-6、6-1、1-6で敗れ、2019年に準優勝を果たしたクビトバが早々に敗退することになった。

クビドバは試合序盤第1ゲームで、いきなりブレーク。だが、チルステアに第8ゲームと第10ゲームでブレイクを許し、第1セットを落とした。第2セットは第1ゲームから第4ゲームを連取し奪取。しかし、第3セットで第1ゲームからチルステアに4ゲームを連取され、そのまま力尽きた。

チルステアは12日、3回戦で第19シード・同20位のマルケータ・ヴォンドロショーヴァ(チェコ)と対戦する。

11日は、同1位で第1シード・地元オーストラリアのアシュリー・バーティが同郷の同387位ダリア・ガブリロワと2回戦で相対する。

【テニス】大坂なおみ、188キロ弾丸サーブで全豪好発進 現地では大坂の“ギャップ”にも注目

今を輝くテニス新女王アシュリー・バーティの朝活

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします