【テニス】ナダル、フォニーニにストレート勝ちで準々決勝へ 全豪オープン

ファビオ・フォニーニに勝利したラファエル・ナダル(2021年2月15日) (C)Getty Images

テニスの全豪オープンは15日、男子シングルス4回戦オーストラリアロッド・レーバー・アリーナで行われ、世界ランキング2位で第2シードのラファエル・ナダルスペイン)が同17位で第16シードのファビオ・フォニーニイタリア)に6-3、6-4、6-2でストレート勝ち。2009年大会以来の優勝へ、ひとつコマを進めた。

ナダルは、第1セットの第2ゲームでブレークも第5ゲームでブレークバックを許す。しかし、続く第6ゲームで再びブレークに成功し、そのまま第1セットを先取。第2セットでは、第6ゲームにフォニーニにブレークをされるも、第7ゲームでブレークバックをする。さらに第10ゲームでもブレークし、第2セットも連取。第3セットでも流れは変わらず、第3、第5ゲームでブレークし、そのまま勝利を収めた。

準々決勝は16日、同6位で第6シードのステファノス・チチパスアルゼンチン)と同9位で第9シードのマテオ・ベレッティニ(イタリア)の勝者と対戦する。

ロジャー・フェデラーが「テニスの男女プロ団体の統合」を提言 ラファエル・ナダルも同意

ラファエル・ナダル、自宅待機で苦戦中 「モンテカルロで3時間テニスをしているほうが」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします