【NBA】八村塁、15得点でレブロン・レイカーズを撃破 第4Q同点で豪快ダンクも

レブロン・ジェームズとのマッチアップでも見せた八村塁(2021年2月23日) (C)Getty Images

米プロバスケットボールNBAは22日(日本時間23日)、ロサンゼルス・レイカーズワシントン・ウィザーズの試合が行われ、ウィザーズの八村塁が先発出場、オーバータイムの末、127-124でウィザーズが勝利した。ウイザーズは14日(同15日)のボストン・セルティックス戦から5連勝を飾った。

◆【試合動画】ウィザーズ・八村塁のダンクシュートに実況「KONNICHIWA!」

八村は37分14秒出場し、フィールドゴール8本中6本、スリーポイントシュート2本中1本、フリースロー3本中2本を成功させ、15得点、6リバウンド、1スティールを記録した。第4クォーター残り6分46秒94-94の場面ではファールされながらも左手一本でダンクを叩き込み、さらに残り2分35秒105-106の場面ではスリーポイントシュートを決めるなど、貴重な場面での得点でチームの勝利に貢献した。

レイカーズのレブロン・ジェームズが通算3万5000点に到達 NBA史上3人目の快挙

【NBA】八村塁、18日ぶり復帰も「今までと違う」 渡邊雄太は自己最多12得点の活躍

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします