【テニス】錦織圭、若武者撃破で155日ぶり白星「まだ年長者の気分じゃないよ」

ABNアムロ世界テニス・トーナメント初戦を突破した錦織圭(2021年3月1日)(C)Getty Images

男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメントは1日、シングルス1回戦が行われ、世界ランキング45位の錦織圭が同19位・第7シードのフェリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)を7−6、6−1のストレートで下した。錦織の白星は2020年の全仏オープン初戦以来、実に155日ぶり。

【動画】錦織の一打に現地実況も思わず「素晴らしい……」オジェ・アリアシム戦でのナイスショットまとめ

■安定したサービスで2021年初勝利

全豪オープンでは初戦敗退であった錦織だが、この日はサービスが安定。ファーストサーブの成功率は74%、成功時の得点率も85%と非常に高い数値を残した。

タイブレークまでもつれた末に第1セットを先取すると、第2セットではオジェ・アリアシムのメディカル・タイムアウトなどもあり、勢いにのって2度のブレークを決め2021年初勝利を掴んだ。

試合後の錦織は「とても接戦だった。タイブレークではソリッドなプレーができたと思うし、ミスも少なかった。第2セットでは彼の負傷などもあったが、より良いプレーができた。勝てて嬉しい」と振り返った。

また、現在20歳のオジェ・アリアシムなどの若手選手との対戦について質問を受けた錦織は「(自分は)まだ年長者の気分じゃないよ」と笑顔で答えつつ、「彼は素晴らしいし、僕にとってもお気に入りの若手選手。間違いなくトップ10、トップ5、もしかしたらナンバー1になる存在。頑張って欲しい」とエールを送っている。

錦織は次戦で、同23位アレックス・デミノー(オーストラリア)と同39位ジョン・ミルマン(オーストラリア)の勝者と対戦する。

【テニス】マレー、逆転で今季ツアー初勝利 鮮やかな“魔法のロブ”をATP公式も絶賛

錦織圭が復活へ前進!5ヵ月ぶりの勝利試合で見せた好プレー4選

大坂なおみのインタビューがかわいい…錦織圭は「マイ センパイ(先輩)」

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします