【競馬】「ドバイワールドCデー」チュウワウィザード、クロノジェネシスなどの日本調教馬の展望

昨年は、感染症拡大の影響で中止となったUAEのメイダイ競馬場で27日に「ドバイワールドCデー」が2年ぶりに開催される。JRAから馬券が発売される、ドバイワールドC、ドバイシーマクラシック、ドバイターフ、ゴールデンシャヒーンの各レースに出走する日本調教馬をみていく。

■ドバイワールドC(GI、ダ2000m)

2018年、2019年と連覇を果たしたゴドルフインのサンダースノーや、層の厚いアメリカ馬のエース級は参戦せず今年はかなりの混戦模様。

事前発表のレーティングで117とメンバー内最上位に評価されているのは日本から参戦するチュウワウィザードだ。昨年の2020年は1月の川崎記念、そして12月のチャンピオンズCを制しGI級を2勝。同年のJRA賞最優秀ダートホースに選出された。

今年初戦は自身初となる海外遠征戦(海外遠征そのものは昨年中止となったドバイで経験済み)のサウジCだったが、ここでは勝ち馬から3秒以上離された9着に終わっている。調整の難しさにくわえ、雨が降ってノメるような馬場も合わなかったか。完全な力負けではなく、海外2戦目となるここでの本領発揮に期待。

ワンターンコースだった前走から、追走が楽になりそうなオーバルのメイダン2000mに舞台が替わるのも好材料と言える。

2011年ヴィクトワールピサ以来の日本調教馬Vとなるか。サウジアラビアからドバイへの輸送後は調整の順調さが伝えられており、状態面にも不安なし。

ドバイワールドCに出走する日本調教馬

馬番 馬名 性齢 厩舎 前走日付 前走レース名 前走着順
3 チュウワウィザード 牡6 栗東・大久保龍志 2021/2/20 サウジC 9

■ドバイシーマクラシック(GI、芝2410m)

昨年は中止となったが、一昨年はシュヴァルグラン、スワーヴリチャードが2、3着、2013年から2016年も日本調教馬が馬券内に入っており、日本調教馬と相性の良いレースだ。

ブックメーカーでは現在1人気に推され、事前発表のレーティングは121とメンバー上位で最有力候補となっているのがクロノジェネシスだ。

昨年春秋グランプリ制覇を果たしたのち、海外GIタイトルを目標に掲げここまで順調に調整を行ってきた。現地到着後も厩舎では穏やかでリラックスして過ごしており、精神面も良好。またメイダンの芝は少し硬めで力がいる馬場状態だが、これも当馬にとっては好材料と言えるだろう。

人馬ともに初めて迎える海外遠征戦ではあるものの、ジェンティルドンナ以来となる日本馬の優勝を期待できそうなシチュエーションだ。

一時期不調ではあったが、年明けの京都記念を制し弾みをつけて中東入りしたラヴズオンリーユーにも大いにチャンスがありそうだ。

ドバイシーマクラシックに出走する日本調教馬

馬番 馬名 性齢 厩舎 前走日付 前走レース名 前走着順
9 クロノジェネシス 牝5 栗東・斉藤崇史 2020/12/27 有馬記念(GI) 1
10 ラヴズオンリーユー 牝5 栗東・矢作芳人 2021/2/14 京都記念(GII) 1

【ドバイWCデー】チュウワウィザード&クロノジェネシスが現地で追い切り

【競馬】ドバイワールドCは無観客競馬 クロノジェネシス、チュウワウィザードなどが出走予定

【競馬】チュウワウィザード、ドバイワールドCの招待受諾 サウジからUAEに転戦へ


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします