【競馬】ドバイワールドCは無観客競馬 クロノジェネシス、チュウワウィザードなどが出走予定

クロノジェネシス (C)Eiichi Yamane

競馬のドバイレーシングクラブは11日、新型コロナウイルスの影響により、27日にメイダン競馬場で開催されるドバイワールドC諸競走を無観客で開催すると発表した。日本調教馬は、宝塚記念有馬記念を制したクロノジェネシス(牝5歳)、2019年のオークス馬ラヴズオンリーユー(牝5歳)、昨年のチャンピオンズCを制し、最優秀ダートホースに選定された、チュウワウィザード(牡6歳)が出走予定。

◆【レース動画】ドバイ参戦日本馬3騎のGI制覇を振り返る 圧勝!クロノジェネシス春秋グランプリetc.

■「ドバイワールドCデー」日本馬の出走予定

ドバイワールドC(GI、ダート2000m)

チュウワウィザード(牡5歳)
主な勝鞍:2020年チャンピオンズC(GI)

ドバイシーマクラシック(GI、芝2410m)

クロノジェネシス(牝4歳)
主な勝鞍:2020年有馬記念(GI)、2020年宝塚記念(GI)

ドバイターフ(GI、芝1800m)

ラヴズオンリーユー(牝5歳)
主な勝鞍:2019年オークス(GI)、2021年京都記念(GII)

昨年はアーモンドアイウインブライトカレンブーケドールなど計14頭が出走予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、開催中止となっていた。本年の海外競馬は騎手の隔離や入国の人数制限、検疫など様々な規制が見込まれる。

【競馬】デアリングタクト、香港QE2世Cに予備登録 クロノジェネシスと牝馬頂上決戦も

【競馬】三冠馬vs.名牝の舞台は大阪杯か宝塚記念か コントレイル、デアリングタクト、クロノジェネシスの動向を読む

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします