【プロ野球/動画プレーバック】阪神・佐藤輝明、衝撃の場外弾

阪神・佐藤輝明 (C)共同

先週のプロ野球は、巨人菅野智之から広島鈴木誠也が65打席目にして初本塁打を放つなど、印象に残るホームランが数多く飛び出した。

ここでは、先週のホームランを動画とともにプレーバックする。

◆【打率TOP5分析】好不調トレーダー 広島・菊池涼介は15試合連続安打

■動画プレーバック(4/6〜11)

【5】4月6日 ソフトバンク・松田「“熱男”の今季1号は左中間へ」

開幕からホームランが出ない日が続くも、8回表にダメ押しとなる今季1号を放った。グラウンドを一周してベンチへ戻ると小声でお馴染みの“熱男”コールでベンチを盛り上げた。

【4】4/10 ヤクルト・村上「打球はレフトスタンドへ一直線」

開幕から4番に座る若き主砲は、4回の表に1点ビハインドで迎えた打席で中日先発・柳裕也から放った打球は失速することなく、レフトスタンドへ。外野はほぼ見送るだけの凄まじい打球だった。

【3】4/6 西武・中村「綺麗な放物線でレフトスタンドへ」

山川穂高の怪我により4番を任されている中村剛也。元チームメイトの岸孝之から真ん中高めを捉えた打球は綺麗な放物線を描いてレフトスタンドへ。一時逆転となる一打を放った。

【2】4/11 DeNA・牧「打球はファンが待つライトスタンドへ」

ルーキーながら開幕から打撃好調の牧秀悟は、4回裏3点ビハインドの場面で逆方向へ今季4号ホームランを打ち、反撃の狼煙を上げる一打となった。

【1】4/9 阪神・佐藤「衝撃の場外ホームラン」

怪物ルーキー・佐藤輝明が6回表にDeNA国吉佑樹から放った打球は、ライトスタンドの場外へ。9日に勝利投手となり、ヒーローインタビューを受けた藤浪晋太郎も「引きました」とコメントするほどの衝撃の一撃に。

◆「1打席目にインプットし、2打席目に対応」 DeNA三浦監督も驚く新人・牧の“実戦力”

◆阪神・佐藤輝よ、右手小指に注意を払い、フィルダー、ブラッグスを超えろ!

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします