【ダンス】Dリーグ、磨きがかかるプロのダンサー魂 鮮やかなる熱戦は充実の最終コーナーへ

ラウンド9を制したSEPTENI RAPTURES (C)D.LEAGUE 20-21

そろそろ、Dリーグと聞いたら直ぐに、“ダンスコンペティションリーグ”へと結びつく人々が多数派になるくらい一般的に浸透してきた頃だろうか? 日本発にして世界初のプロフェッショナル・ダンスリーグのファーストシーズンはコロナ禍、今年の1月20日に無観客で始まったラウンド1から、もろもろの制限はありながらも着実に回数を重ね、ゴールデンウィーク明けの6日に全12ラウンド中の9ラウンドを終えた。

【動画】「毎ラウンド味がちがう」SEPTENI RAPTURES、ラウンド9でのパフォーマンス

■第9戦はRAPTURESが勝利「毎ラウンド味がちがう」

難しい時代下にも負けず、各チームが繰り広げてきた鮮やかなる熱戦は、ここからさらにエッジィにグルーヴアップしながら、待ったなしの最終コーナーへと向かう。そして、残りの3ラウンド終了後、総合ポイントのトップ4チームが、優勝をかけたトーナメント制のチャンピオンシップに進むことになる。

ファーストシーズンの全12ラウンドは約2週間隔で実施され、参加チームは各ラウンドのすべてを、違う曲と振付けで臨まなくてはならないというルールのもとに行われる過酷なものだ。Dリーガーは、言うまでもなく日本の選りすぐりのダンサー集団ではあるが、開幕から現時点までで9つもの演目を踊り分け、演じ分けて来たわけで、振り付けを考える各チームのディレクターも表現するダンサーも、どんなに引き出しの多い猛者でも、もう新たなネタも技も出し尽くした頃ではないだろうか?

そんな厳しき状況下、ラウンド9を制したのは、毎回趣向を凝らした衣装とストーリーで、ディレクターのakihic☆彡も言う通り、「毎ラウンド味がちがう」演目で楽しませてくれるSEPTENI RAPTURES(以下、RAPTURES)。ラウンド5から、常にジャッジポイントではトップに君臨している、これで3度の優勝をさらうこととなった実力チームだ。

■とにかく踊れる嬉しさを“舞う”こと

(C)D.LEAGUE 20-21

RAPTURESのラウンド9のテーマは直球ど真ん中の「舞い」。「セーブ無しで踊ること。とにかく今、こうして踊れるということへの感謝からくる喜び、シンプルでプリミティブな嬉しさの舞い」が、民族衣装さながらの色鮮やかなコスチュームとともに裸足でしっかりと床を捉え、蹴り、会場の空気全体を震わせながら表現された。

Dリーグの熱戦を見ていて感じることだが、やはり最後に人は何に魅了されるのかというと、その踊りがどれだけ見る側の胸を踊らせてくれるか、心を震わせてくれるかということに尽きるだろう。

各チームの過去8回のラウンドを幾度となく繰り返し見ていると、それぞれの持ち味、強み、スキル、好きになってしまうポイント等がくっきりと輪郭を帯びて立ち上がってくるが、それらの比較的“理性的”な理解を超えて、そのエンターテイメント自体が持つ存在の尊さや意義がどこに宿るのかといえば、それは、月並みな言葉で申し訳ないが、やはり共感を伴う感動にこそ、なのだ。

RAPTURESディレクター・akihic☆彡も「制限のある今だからこそ、喜びの表現が“くる”。喜びで勝てると思った」と語っていたが、まさに時代のニーズを的確に捉えた慧眼の勝利だったと言うこともできるだろう。

SEPTENI RAPTURESのディレクター・akihic☆彡 (C)D.LEAGUE 20-21


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします