クロノジェネシスはルメールとのコンビで宝塚記念へ 主戦・北村友が負傷のため

昨年の宝塚記念と有馬記念を制覇したクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇)が、グランプリ3連勝が懸か…

【凱旋門賞】クロノジェネシス、ディープボンドなど日本馬6頭が登録

北村友は復帰まで1年以上の見込み

【競馬】レイパパレはどこまで強いのか、宝塚記念で牡牝三冠馬との対決が実現


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします