【プロ野球/打のキーマン】巨人・梶谷隆幸、直近6試合で複数安打4度記録 さらに中日戦打率は.436と相性抜群

(C)Getty Images

22日のプロ野球はセ・パ5試合が行われた。セ・リーグは、巨人・岡本和真が3回に中日・ロドリゲスからホームランダービー1位タイとなる12号3ランを放つなど2安打3打点の活躍でチームの勝利に貢献した。

パ・リーグでは、ソフトバンク・柳田悠岐が1回に先制3ランアーチを放ち、初回から先発・マルティネスを援護。3番の栗原陵矢も猛打賞を記録するなど打線が機能し、12安打7得点でオリックスに快勝。楽天に代わって、首位に浮上した。

ここでは打者vs投手の対戦データなどから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

◆「2冠」岡本和真に続け 期待高まる巨人の「96年世代」

■5月は57打数21安打とヒット量産体勢へ

巨人・梶谷隆幸 vs 中日・福谷浩司

チームのリードオフマンとしてコンスタントにヒットを放っている巨人・梶谷隆幸。中日・福谷浩司とは、4月15日に対戦しており、初回に1アウト2塁の場面でライトへのタイムリーを放つなどマルチヒットをマーク。さらに20年の対戦でも10打数3安打(打率.300)を記録しており、相性が良いと言えそうだ。

梶谷は15日〜22日の直近6試合の成績を見ても、25打数11安打(.440)とヒットを量産しており、複数安打を4度記録。無双状態に入っている。

さらに打席別では、第1打席が42打数12安打(.333)、第3打席が40打数15安打(.375)、第5打席目以降が16打数6安打(.375)と序盤、中盤、終盤と安定して安打を放っているだけに、今日も全打席に注目だ。

21年 1.000 2 2 0 0 0
20年 .300 10 3 0 0 1
19年 未対戦
18年 未対戦

◆菅野、坂本が離脱の緊急事態 巨人元監督・堀内氏「みんなで頑張るしかない」

◆巨人・吉川まさかの“中軸デビュー”で1安打! 本人に意識の変化は?

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします