【プロ野球/打のキーマン】目をひくオリックス・T-岡田の好調ぶり データから見た燕・小川攻略のカギとは

(C)Getty Images

28日のプロ野球は、全6試合で合計17本塁打が飛び出すなど、大量得点が目立つ結果となった。

中でも阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明は、セ・リーグの新人選手としては1958年の長嶋茂雄以来となる1試合3本塁打を達成し、チームの勝利に大きく貢献。また、ソフトバンク巨人を9-3で圧倒し、2019年の交流戦以降での巨人相手の連勝を13に伸ばした(日本シリーズ、オープン戦を含む)。この試合で2本塁打を放ったバレンティンは、通算300本塁打達成に王手をかけている。

【動画】令和の怪物・佐藤輝明が大爆発、プロ野球の歴史に名を刻んだ衝撃の1試合3本塁打を一挙振り返り

ここでは打者vs投手の対戦データなどから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

■直近5試合で打率.533

オリックス・T-岡田 vs ヤクルト・小川泰弘

交流戦に突入してからチーム打率.338と好調のオリックスだが、中でも存在感を発揮しているのがT-岡田だ。直近5試合で打率.533(15打数8安打)、2本塁打とバットが振れている。

ヤクルト・小川泰弘とは2018年に1打席対戦があるだけだが、今季の岡田が放った6本塁打は全て右投手からであり、最近の好調ぶりも考慮すれば落ち着いたアプローチが期待できるはず。また、得点圏打率は.400となっており、前を打つ吉田正尚ロメロが前日同様に出塁することがカギとなる。

数字上は安定感が光る小川だが、ビジター防御率4.15、デーゲーム防御率5.89という不安要素も含んでおり、連夜のオリックス打線爆発の可能性も捨てきれない。

◆阪神佐藤輝、3人目の“新人本塁打王”はある? OB捕手が分析「驚いたのは1発目」

◆開幕5連勝のオリックス・宮城大弥の意外な“験担ぎ” 髪と無敗はどこまで伸びるのか

◆巨人・梶谷隆幸「お前もか」、交流戦を前に相次ぐ主力の離脱に“テコ入れ”敢行

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします