【ラグビー】2年後のワールドカップ・フランス大会へ、新生ジャパンへの期待

ライオンズ戦で快足を発揮する松島幸太朗(C)Getty Images

ラグビー日本代表がワールドカップ・フランス大会に向けて、欧州遠征で始動した。昨年は、イングランドウェールズとの試合がコロナ禍のために中止となり、ワールドカップ準々決勝以来、約2年ぶりのテストマッチとなった。

■2年後のワールドカップ・フランス大会を占う遠征

「まだまだ先」と思っていたフランス大会も、あと2年で開幕を迎える。ジャパンは、2019年のWC日本大会で悲願のベスト8入りを果たし、世界の強豪国の証し「ティア1」にも昇格した。

グループリーグ突破は「最低限のノルマ」といえるだろう。前回大会の強化母体となったサンウルブスが今回はない。2年という準備期間は決して余裕があるとはいえないだろう。

すでにジャパンのフランス大会2戦目(2023年9月17日)にイングランド戦が決定している。前回、オールブラックスを倒し準優勝したイングランドは、もちろん格上、優勝候補だ。ワールドランキングで上位のアルゼンチンも同居するプールDをどう勝ち抜くか、今回の欧州遠征2戦は2年後を占うテストマッチとなった。

■BIライオンズに力負けも、姫野が存在感を示す

遠征初戦の相手はイングランドウェールズスコットランドアイルランドの代表選手で構成されるドリームチーム、ブリティッシュ ・アイリッシュ・ライオンズ(BIライオンズ)だった。6月26日、エディンバラのマレーフィールドには1万6500人の観客が集まった。

1カ月にわたる南アフリカ遠征をひかえたBIライオンズ は、いわば急造チーム。胸を借りる形とはいえ、ジャパンにもつけ入る隙があると思われたが、開始12分にWCトライ王のジョシュ・アダムスがトライを決めると、前半のうちに2トライを追加されて0-21と主導権を奪われた。

しかし、後半10分に姫野和樹が交代出場すると流れが変わった。ニュージーランドの国内リーグの新人王は、突進、ジャッカルで武者修行の成果を発揮、ファワードを前進させた。

そして、19分、ジェームス・ムーアから受けたボールを強引に運びゴール下にトライ。BIライオンズから奪った初トライは、ジャパン唯一のトライとなった。その後も押し気味に進めたものの、試合は10-28で敗れた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします