【東京五輪/バスケ】八村塁20得点、渡邊雄太19得点 世界2位、W杯王者スペインに善戦も初戦黒星

八村塁擁する日本代表は惜しくもグループリーグで敗退(C)Getty Images

東京五輪バスケットボール男子は26日、日本対スペインがさいたまスーパーアリーナで行われ、日本は77対88で世界ランキング2位スペイン相手に初戦を落とした。

世界ランク42位の日本は試合開始から、スペインにスタートダッシュを許し、先行される。第2クオーター5分33秒に八村塁ワシントン・ウイザーズ)の3ポイントで一時同点としたものの、リッキー・ルビオミネソタ・ティンバーウルブズ)にペースを乱されスペインの怒涛の攻撃を防げず、28対48と一気に20点差をつけられ前半を終えた。

後半は、BリーグMVPシューター金丸晃輔の連続3ポイントなどで追い上げを見せたが、第2クオーターで背負った「借金」が重くのしかかり、11点差で敗れた。

八村は20得点、渡邊雄太トロント・ラプターズ)も19得点とNBAプレーヤーらしく躍動するも、2019年ワールドカップ王者スペインに一歩及ばなかった。

バスケ日本代表が五輪に出場するのは45年ぶり。八村は試合後「とにかく、これが我々にとって初めての五輪。これも経験だ。次に活かすよ」と前を向いて答えた。

日本は29日、ルカ・ドンチッチダラス・マーベリックス)擁する世界ランク16位のスロベニアと対戦する。スロベニアは同4位のアルゼンチンと対戦し、ドンチッチの48得点などにより30点差で撃破している。

◆八村塁、渡邊雄太、馬場雄大の海外組は「救世主」となるのか、「奇跡の1勝」は果たして

◆八村塁、渡邊雄太、2人のNBAプレーヤー擁する「史上最強」男子代表の大躍進に期待

◆バスケ男子が格上のフランスに大金星 五輪へ弾み 八村「チームも気合入ってて」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします