【MLB】大谷翔平、6試合ぶりマルチ安打を記録 今季100安打目は“快足”活かし内野安打

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地グローブライフ・フィールドでのテキサス・レンジャーズ戦に「2番DH」でスタメン出場。

前日まで2試合連続無安打だった大谷だが、この日は5打数2安打とし、打率は.274。7月28日(同29日)以来、今季30度目のマルチ安打を記録した。

◆【動画】「Sho speedy」大谷翔平は打球速度だけでなく脚力も規格外 今シーズン100安打目は快足を生かした内野安打

■シーズン100安打目は快足活かした内野安打

エンゼルス2点リードで迎えた5回無死の第3打席、右翼線への打球速度109.9マイル(約177キロ)の痛烈な当たりはあっという間にフェンスにまで到達し、二塁打となった。続く7回無死の第4打席では二塁へのゴロとなるも、俊足を活かして内野安打とし、これがシーズン100安打目となった。

試合は11-3でエンゼルスが快勝し、連敗は「2」でストップ。今季53勝54敗とした。

◆【動画】「Sho speedy」大谷翔平は打球速度だけでなく脚力も規格外 今シーズン100安打目は快足を生かした内野安打

◆大谷翔平のタイトル争いに影を落とす“誤審禍” SNSでは球審に引退勧告も

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします